死亡したCOVID-19患者の約5人に1人が1型IFNを中和する自己抗体を保有
 ・ タイプミスを訂正しました(非感染社→非感染者)
野菜や果物などの植物豊富な質の高い食事とCOVID-19を生じにくいことが関連
 ・ MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITALからの関連ニュースを追加しました。
イスラエルでのCOVID-19ワクチン3回目接種で感染率が11分の1以下に下がった
 ・ 3回目接種の効果の推定について追記しました。
Pepperさんのアクションリスト
  • Pepper さん のコメント投稿一覧
  • 投稿件数 : 15件
  • [ 記事 ]
  • 「PfizerのCOVID-19ワクチンのカナダとカタロニアでの予防効果80-91%」へのコメント
Typoです
投稿日時:2021-08-23 12:06
  • [ 記事 ]
  • 「Sanofiの鎌状赤血球症治療低分子薬の取り組みをGlobal Blood Therapeuticsが取得」へのコメント
投稿日時:2021-03-17 23:59
Typo?
投稿日時:2021-03-17 23:01
  • [ 記事 ]
  • 「プラセボ対照二重盲検試験でフルボキサミンが外来COVID-19患者の悪化を予防」へのコメント
投稿日時:2020-11-14 17:47
  • [ 記事 ]
  • 「バソプレッシン遮断薬の自閉症Ph2目標至らず〜逆にバソプレシン点鼻は有効」へのコメント
投稿日時:2019-05-13 12:16
  • [ 記事 ]
  • 「rituximabやtocilizumabによる関節リウマチ治療はabataceptより有効」へのコメント
投稿日時:2019-01-25 11:30
  • [ 記事 ]
  • 「Bayer 動物医療事業と店頭品ブランド幾つかを手放し、従業員12,000人を削減」へのコメント
投稿日時:2018-11-30 10:42
  • [ 記事 ]
  • 「MylanがCopaxone後発品を60%も値下げ〜Tevaは顧客の要求に応じたほうが良い」へのコメント
投稿日時:2018-07-17 21:17
  • [ 記事 ]
  • 「初の商品化スタチン・ロバスタチンの発見者Alfred Alberts氏が死去」へのコメント
投稿日時:2018-07-08 19:51
  • [ 記事 ]
  • 「Alnylamのアミロイド症薬patisiranのPh3結果がIonisのライバル薬を引き離している」へのコメント
投稿日時:2018-07-05 21:11
  • [ 記事 ]
  • 「Lundbeck社が元Millennium社リーダーDeborah Dunsire氏をCEOに任命」へのコメント
投稿日時:2018-07-03 13:38
  • [ 記事 ]
  • 「ValeantがBausch Health Companiesへと社名変更」へのコメント
投稿日時:2018-05-09 12:49
  • [ 記事 ]
  • 「Roche 尋常性天疱瘡へのRituxan使用の承認申請がFDAの優先審査対象になった」へのコメント
投稿日時:2018-02-15 13:33
  • [ 記事 ]
  • 「Sage てんかんPh3に失敗したBrexanoloneが産後うつ病には一応効いた/Ph3」へのコメント
投稿日時:2017-11-10 11:09
  • [ 記事 ]
  • 「CD20標的抗体が一次性進行型や再発型の多発性硬化症の病態や進行を抑制/Ph3」へのコメント
投稿日時:2016-09-19 13:55
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク