コメント一覧

[記事]妊婦の歯周病を治療しても早産や低体重出産率に変化はない」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「妊娠後の歯周病治療では遅すぎる?」

コメントする

アメリカの出産の12.5%は早産で占められています。早産は周産期死亡の70%、長期の神経学的合併症のおよそ半分の原因となっています。

歯周病が早産と強力に関連することをOffenbacher等が1996年に報告して以来、歯周病と早産の関連が報告されるようになりました。

Offenbacher S, Katz V, Fertik G, et al. Periodontal infection as a possible risk factor for preterm low birth weight. J Periodontol 1996;67:Suppl:1103-1113
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=retrieve&db=pubmed&list_uids=8910829&dopt=Abstract

そこで、歯周病を治療すれば早産が減らせるのではないかと考えられたわけですが、残念ながら今回NEJM誌に発表された試験では、妊娠中の歯周病の治療で早産が有意に低下するという結果は得られませんでした。

▽妊婦の歯周病を治療しても早産や低体重出産率に変化はない
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16037

しかし実際に歯周病と早産率の上昇の関連は示されており、別の方法で試験をすれば歯周病治療の早産予防効果が示せるかもしれません。

今回のNEJM報告に関連したエディトリアルにおいて「妊娠中に(歯周病などによって)炎症反応カスケードが活性化されてしまうと、この経路を標的にした介入を実施しても早産率は低下しない」という仮説が紹介されています。

▽Preterm Birth and Periodontal Disease
http://content.nejm.org/cgi/content/extract/355/18/1925

この仮説が正しければ、妊娠前に歯周病を治療すれば早産率を低下させられるかもしれません。

歯周病治療の早産予防効果については今後も色々な角度から検証していく必要があるようです。

コメントする

2006-11-02 - 妊婦の歯周病は、早産や低体重出産のリスク上昇と関連します。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク