Conatus Novartisとの提携NASH薬のPh2b試験3つが全滅〜処し方の検討開始
 ・ 関連ニュースを追加しました。
Merck & CoがKen Frazier氏の後任CEO探しを始めているとBloombergが報道
 ・ Frazier氏の任期の勘違いを訂正しました(去年12月→今年2019年12月)。
世界の酒量は増え続ける〜飲酒の害を減らす目標は達成できそうにない
 ・ 参考文献の1つが間違っていたのを訂正しました(Atezolizumab plus bevacizumab .... →Global alcohol exposure ....)
コメント一覧

[記事]駆出率が保持された心不全患者は、駆出率が低下した心不全患者と同等の高い死亡率を示す」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「LVEFが低下した心不全患者だけが重症なのではない」

コメントする

これまでは、左心室駆出分画率(LVEF)が低下した心不全が一般的であり、重症であるとみなされ、これらの患者を対象にして多くの臨床試験が実施されてきました。

しかし2006年11月8日のJAMA誌に発表された2つの試験の結果から、心不全患者のおよそ半数は収縮機能を保持しており、収縮機能を保持している心不全患者の死亡率は収縮機能を保持している心不全患者と同程度であると分かりました。

▽駆出率が保持された心不全患者は、駆出率が低下した心不全患者と同等の高い死亡率を示す
 http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16157

▽入院時の収縮期血圧が低い心不全患者は予後が悪い
 http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16158

今後は、LVEFが保持されている心不全患者にもLVEFが低下した心不全患者と同様に注意を向けていく必要があるでしょう。

また、今回のJAMA誌の報告から、80%の心不全患者に拡張機能障害が認められると分かりました。今回のJAMA文献では、様々な程度の拡張機能障害患者の転帰は特に報告されていません。今後、拡張機能障害患者の転帰も調べていく必要があるでしょう。

コメントする

2006-11-08 - 心不全(HF)症候群は駆出分画(EF)と拡張機能で定義されますが、地域住民におけるHFの特徴に関するデータは乏しく、大部分の試験はレトロスペクティブで病院をベースにしたものとなっています。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク