腸微生物代謝物インドール減少がマイクロRNA・miR-181を増やして肥満を助長
 ・ タイトルも本文に倣って「インドール→インドール減少に訂正しました。
Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
コメント一覧

[記事]生後3-5日のマウスの網膜細胞が移植に最適」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「網膜細胞移植の歴史」

コメントする

網膜移植の歴史は古く、正常なサンショウウオの眼を移植すると、洞穴に暮らす盲目のサンショウウオに視覚を授けうることが1920年代に確認されています(1)。

哺乳類での最初の網膜の移植は1959年にRoyoとQuay等が成功させました(2)。この実験では、胎児ラットの網膜が成体マウスの眼に移植され、移植された網膜と移植先網膜が連結した様子は認められませんでしたが、移植網膜は移植先のマウスにおいて数ヶ月間生存しました。

その後ラットやマウスで網膜シートの移植の移植が試みられましたが、移植先の網膜と効果的に統合したり相互作用したりする作用は認められませんでした。

さらに研究が進み、網膜前駆細胞を用いた移植実験が始まります。

網膜前駆細胞を培養すると新たな神経細胞やミュラーグリアという細胞が形成されます。これらの細胞をラットやマウスの網膜に移植すると、これらの細胞は全ての網膜層に移動し、様々な網膜細胞の形態学的な特徴を発現することが確認されました。

しかしながら、これらの移植細胞は錐体細胞や桿体細胞が存在する外顆粒層には効果的に統合されていないようでした。

以上の研究成果を背景として、MacLaren等は、どの時期の網膜前駆細胞なら外顆粒層に最も効果的に統合されるかをマウスで検討し、生後3-5日のマウスの網膜前駆細胞が移植先のマウスの外顆粒層に効果的に統合することを突き止めました(3)。


(1)RETURN OF VISION IN LARVAL EYES EXCHANGED BETWEEN AMBLYSTOMA PUNCTATUM AND THE CAVE SALAMANDER, TRYPHLOTRITON SPELAEUS. Invest Ophthalmol. 1964 Dec;3:555-65.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?holding=npg&cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=14238868&dopt=Abstract

(2)Retinal transplantation from fetal to maternal mammalian eye. Growth. 1959 Dec;23:313-36.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?holding=npg&cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=14439778&dopt=Abstract

(3)生後3-5日のマウスの網膜細胞が移植に最適
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16224

コメントする

2006-11-11 - 網膜での桿体視細胞の形成のピーク時からおよそ2-3日後に相当する生後3-5日目のマウスの網膜細胞を盲目マウス(ドナーマウス)に移植すると、移植細胞は盲目マウスの網膜に生着して他の神経細胞と回路を形成すると分かりました。また、この移植により、盲目マウスの光への反応性が回復しました。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク