Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
赤身肉を食べる量が増えるとその後死にやすくなる
 ・ 関連ニュースを追加しました。
コメント一覧

[記事]病院内の手順をちょっと変えるだけで心臓発作のバルーン処置までの時間が短縮できる」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「全部は無理でもいくつかは可能」

コメントする

心臓発作後の病院到着時からバルーン処置までの時間を短縮させる上で効果的ないくつかの戦略が同定されました。

▽病院内の手順をちょっと変えるだけで心臓発作のバルーン処置までの時間が短縮できる
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16345

“ちょっと変えるだけで”とは書いたものの中には実行が難しい戦略もあります。たとえば通知を受けてから20分以内にスタッフ全員がカテーテル室に集まることや心臓内科医を病院に常駐させることなどはコストがかかる可能性がありますし、スタッフの満足度を低下させるかもしれません。

しかしそれ以外の戦略は大部分の病院で実行できそうです。

この報告に関連したエディトリアル(1)では、どの病院でも実行できる戦略の中でも特に重要な戦略として以下の3つをあげています。

・病院到着前に得られた心電図データを基にしてカテーテル室を始動(activation)させること
・カテーテル室の始動に一回の呼び出し(single page)を使う
・救急科の医師がカテーテル室を始動させられる

このエディトリアルでは、治療の遅れが“殺人行為”に相当すると判断された裁判の例が紹介されています。

イリノイ州の陪審は、適切な診断・治療の前に救急科の待合室で2時間近く待たされた患者の死亡は殺人行為に匹敵する可能性があると判断しました。

心臓発作患者を受け入れている病院は、患者の転帰を改善するためにも、裁判を防ぐためにも今回のNEJM報告の成果を積極的に取り入れていく必要があるようです。

(1)Reducing the Door-to-Balloon Time for Myocardial Infarction with ST-Segment Elevation
http://content.nejm.org/cgi/reprint/NEJMe068255v1.pdf

コメントする

2006-11-17 - ST上昇心筋梗塞患者に対して再潅流療法を迅速に実施すれば生存のチャンスが増します。ガイドラインは、病院到着から冠動脈内バルーン拡張(ドアからバルーン)までの間隔を90分以内とするように推奨しています。殆どの病院はこの基準を達成できていません。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク