Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
赤身肉を食べる量が増えるとその後死にやすくなる
 ・ 関連ニュースを追加しました。
コメント一覧

[記事]低・中リスクの高齢の前立腺癌患者は治療で生存期間が延長する/観察試験」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「この結果は無作為化試験で検証する必要があります」

コメントする

低・中リスクの高齢の前立腺癌患者を対象にした観察試験で、前立腺癌の治療で生存期間が延長するという結果が得られました。

http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16813

観察試験ですので、セレクションバイアスが試験結果に影響を与えている可能性があります。著者等は考えうるセレクションバイアスを差し引いて解析していますが、その可能性は完全には排除しきれていません(1)。

高齢の局所前立腺癌患者に対する治療のベネフィットは無作為化試験で検証する必要があります。

今回報告された低・中リスクの高齢の前立腺癌患者に対する治療と生存改善の関連は、Veterans Affairs Prostate Cancer Intervention vs Observation (PIVOT) 試験(2)やProstate Testing for Cancer and Treatment (Protect) 試験(3)などの進行中の無作為化試験で確認または退けられることになるでしょう。

(1)Treating Older Men With Prostate Cancer. JAMA. 2006;296:2733-2734.
http://jama.ama-assn.org/cgi/content/extract/296/22/2733

(2)Wilt TJ, Brawer MK. The Prostate Cancer Intervention vs Observation Trial: a randomized trial comparing radical prostatectomy vs expectant management for the treatment of clinically localized prostate cancer. J Urol. 1994;152:1910-1914.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=retrieve&db=pubmed&list_uids=7523736&dopt=Abstract

(3)Donovan J, Hamdy F, Neal D, et al, ProtecT Study Group. Prostate Testing for Cancer and Treatment (ProtecT) feasibility study. Health Technol Assess. 2003;7:1-88.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=retrieve&db=pubmed&list_uids=12709289&dopt=Abstract

コメントする

2006-12-13 - 65歳以上の男性において、局所前立腺癌の治療が有益かどうかは分かっていません。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク