Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
赤身肉を食べる量が増えるとその後死にやすくなる
 ・ 関連ニュースを追加しました。
コメント一覧

[記事]Merck社とVertex社 白血病を対象にしたMK-0457の第2相試験を開始」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「2006年8月Phase T開始」

コメントする

leukさん、ありがとうございます。

KW-2449で検索してみたところ協和発酵のWEBサイトでKW-2449について触れているパワーポイント資料がありました。

http://www.kyowa.co.jp/news/2006/documents/20061030_01.pdf

この資料によると、2006年8月にPhaseTを開始しているようです。

KW-2449の特徴としては以下のようなポイントがあげられています。
・FLT3を中心としたマルチキナーゼ阻害剤
・Auroraの阻害作用は抗癌活性増強に寄与することが期待される
・非臨床試験の結果、薬効および安全性の面での優位性を確認

1相試験の結果がでたらプレスリリースして欲しいですね。もし第1相試験の結果が公表されたらコメントいただければ幸いです。

コメントする

「KW-2449」

コメントする

協和発酵から同様のコンセプトで開発されたKW-2449もphaseIが開始されているようです。

http://clinicaltrials.gov/ct/show/NCT00346632

コメントする

2006-12-22 - 2006年12月21日、Merck社とVertex Pharmaceuticals社は、T315I BCR-ABL変異を有するフィラデルフィア染色体陽性の急性リンパ球性白血病患者と治療抵抗性の慢性骨髄性白血病患者を対象にしたMK-0457(VX-680)の第2相試験を開始したと発表しました。MK-0457はAurora, FLT-3, JAK-2, BCR-ABLキナーゼを阻害する低分子化合物です。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク