Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
赤身肉を食べる量が増えるとその後死にやすくなる
 ・ 関連ニュースを追加しました。
コメント一覧

[記事]アレンドロネートの5年治療と10年治療の比較」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「ビスフォスフォネートの治療中断時期の決定」

コメントする

骨粗鬆症に対するビスフォスフォネートの治療中断時期を決定するときの参考になる試験結果が発表されました。

 http://www.biotoday.com/view.cfm?n=17101

この試験結果から、5年間のビスフォスフォネート治療後にビスフォスフォネートを最大5年間中断しても多くの女性では骨折リスクの有意な上昇は認められないと示唆されました。

具体的にはどのような女性なら治療を中断できるのか?

この質問の答えがJAMAのディトリアル(1)に端的にまとまっています。

エディトリアルには、5年間のビスフォスフォネート治療に対して良好な反応〔股関節の骨ミネラル濃度(BMD)が3-5%上昇、脊椎BMDが8-10%上昇、Tスコア > -3.5〕を示し、その他に脊椎骨折のリスク上昇が認められない閉経後女性は最大5年間のビスフォスフォネート治療の中断を考慮しうると説明されています(1)。

この方法を実施すれば、これまでに報告されているビスフォスフォネートの費用対効果(2)(3)も改善するでしょう。

もちろん、ビスフォスフォネート使用中断決定後は、使用中断中の女性を注意深くモニタリングし、BMDが急速に低下した時にはビスフォスフォネート治療の再開などを考慮する必要があります。(終)


(1)Ten vs Five Years of Bisphosphonate Treatment for Postmenopausal Osteoporosis. JAMA. 2006;296:2968-2969.
http://jama.ama-assn.org/cgi/content/full/296/24/2968

(2)Cost effectiveness of alendronate (Fosamax) for the treatment of osteoporosis and prevention of fractures. Pharmacoeconomics. 2003;21:305-314.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=retrieve&db=pubmed&list_uids=12627984&dopt=Abstract

(3)Fracture Intervention Trial Research Group. The effect of alendronate on fracture-related healthcare utilization and costs: the fracture intervention trial. Osteoporos Int. 2001;12:654-660.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=retrieve&db=pubmed&list_uids=11580079&dopt=Abstract

コメントする

2006-12-27 - ビスフォスフォネート製剤は閉経後骨粗鬆症女性の骨折リスクを低下させます。しかしこの製剤の最適な治療期間は不明でした。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク