Conatus Novartisとの提携NASH薬のPh2b試験3つが全滅〜処し方の検討開始
 ・ 関連ニュースを追加しました。
Merck & CoがKen Frazier氏の後任CEO探しを始めているとBloombergが報道
 ・ Frazier氏の任期の勘違いを訂正しました(去年12月→今年2019年12月)。
世界の酒量は増え続ける〜飲酒の害を減らす目標は達成できそうにない
 ・ 参考文献の1つが間違っていたのを訂正しました(Atezolizumab plus bevacizumab .... →Global alcohol exposure ....)
コメント一覧

[記事]アメリカの医師が子宮移植を計画中」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「子供が欲しいと思う気持ちはとめられない」

コメントする

Kentiさん、たしかにすごいことしますね。

子供が欲しいと思う女性の気持ちはそれだけとても強いのだと思います。

子供を出産するという大きな目標を達成するのにオプションはたくさんあった方が良いわけで、子供への影響がとても心配ですが、子宮移植は妊娠の一つのオプションとしてあってもいいのではないかと私は思います。

以下の記事に紹介している通り、子宮移植を計画しているNew York Downtown Hospitalの医師等は、移植用の子宮の回収方法の検討にも既に着手しています。

◇既存の臓器移植ネットワークを通じて、通常のプロトコールにより移植に適した子宮を回収できる
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=17373

コメントする

「すごいことしますね」

コメントする

こんにちは、Kentiです。

去年、フランスで行われた顔移植にも驚きましたが、今回は子宮移植なんて、凄いことをしようとするものですね。

しかも、今回の計画では、死者から提供された子宮を移植して、子供を生み終わった後は(もういらなくなった)子宮を除去してしまう計画のようですね。

体外受精した受精卵を移植した子宮に戻して子供を生もうというわけですが、代理母という方法もあるのに、そこまで大掛かりなことをして子供を自分で生むメリットがあるものなのでしょうか?

仮にメリットがあったとして、移植後の拒絶反応を防ぐために免疫抑制剤などを投与すると思うのですが、胎児に対する影響などないのでしょうか?

いろいろ考えればかんがえるほど、凄いことをするものだと感じてしまいます。

コメントする

2007-01-18 - New York Downtown Hospitalの医療チームが、アメリカで初めての子宮の移植を計画しています。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク