コメント一覧

[記事]Novartis 米国外の慢性リンパ性白血病患者へのArzerra販売が終息」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「単に提供としました」

コメントする

skyteamさんコメントありがとうございます。
単に提供に改めました。

コメントする

「お情け提供よりは>人道的見地から提供では?」

コメントする

Compationate Useについてはあまり「標準的」な翻訳はないかもしれませんが、「お情け提供」よりは・・・

人道的見地から実施される治験について
https://www.pmda.go.jp/review-services/trials/0016.html

 のように「人道的見地から未承認薬等を提供する制度」として翻訳を当局も出されています。
 もちろん、貴社ではすべて今後、「お情け提供」を標準にするということであればそれは問題ありませんが。

コメントする

2018-01-23 - 米国外の慢性リンパ性白血病(CLL)患者へのCD20標的抗体Arzerra(ofatumumab)販売が同剤を現在使用中で効果が得られている患者への提供(compassionate use)に限定されるとNovartisが発表しました。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク