線虫のドーパミン分泌神経が老化で損なわれるのをオキアミ油が防いだ
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(損なわれるを→損なわれるのを)
Sanofiの経口薬acoziborole一回きり投与でほぼ全員のトリパノソーマ感染症治癒
 ・ acoziboroleがSanofiの薬であることがわかるようにし、欧州への申請や世界保健機関(WHO)への寄付などを追記しました。Sanofiからのニュースへのリンクも追加しました。
Novartisの経口PNH薬iptacopanは皮下注入Empaveliにおそらく少なくとも比肩
 ・ 4段落目の誤記を訂正しました(静注→皮下注入)

Beigene社BTK阻害剤がJ&J/AbbVieの同類薬Imbruvicaにどれだけ勝ったかが判明

Free!
2022-11-25 | コメント

Beigene社のBTK阻害剤Brukinsa (ブルキンサ;zanubrutinib、ザヌブルチニブ)の再発/治療抵抗性(r/r)慢性リンパ性白血病(CLL)/小リンパ球性リンパ腫(SLL)治療の悪化率が第3相試験(ALPINE)での直接比較でJ&J/AbbVieの同じ類の薬Imbruvica(イムブルビカ;ibrutinib)に比べて35%低くて済みました。

同試験でBrukinsaの無増悪生存(PFS)Imbruvicaに勝ったことは先月中旬に速報されており、今回の発表でどれほどの差をつけて勝ったかが判明しました。

増悪か死亡の実際の発生率はBrukinsa群では27%、Imbruvica群では37%でした。

Imbruvica群のPFS中央値は頭打ちになって35か月と決定していますが、Brukinsa群はまだ頭打ちになっておらず決定していません。

死亡率はBrukinsa群で15%、Imbruvica群で19%です(オッズ比: 0.76、95%信頼区間0.51〜1.11)。

BrukinsaがImbruvicaに勝ったのと対照的にAstraZenecaのBTK阻害剤Calquence(カルクエンス;acalabrutinib、アカラブルチニブ)のPFSは第3相試験(Elevate-RR)でImbruvicaに勝てておらず引き分けにおわっています。同試験でのr/r CLL患者のPFS中央値はCalquenceとImbruvicaのどちらも38か月でした。

よって、間接比較ではありますがBeigene社のBrukinsaのr/r CLL治療効果はどうやらAstraZenecaのCalquenceにも勝るようです。

この記事のカテゴリ
関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。