Amylyx社の神経死抑制合剤AMX0035がPh2試験ALS患者の腕筋力低下を抑制
 ・ 誤解を訂正しました(上腕筋力→腕の筋力)
Amylyx社の経口液剤AMX0035でALS患者の生存も改善
 ・ 誤解を訂正しました(上腕→腕)
GileadのRemdesivirを初め4剤どれもWHO主催試験でCOVID-19入院患者に無効
 ・ レムデシビルの死亡率について追記しました。関連ニュースを追加しました。

Pfizer社はてんかん薬・Neurontinの試験の発表を操作してきた

  • 2008-10-10 - 訴訟で裁判所に提出された大量の社内資料を弁護士の要請を受けて専門家がレビューしたところ、Pfizer(ファイザー)社はてんかん薬・Neurontin(ガバペンチン、gabapentin)の使用をサポートしない研究成果を抑制しつつ、てんかん以外の疾患へのNeurontinの使用を促すように試験成績を操作していました。 (8 段落, 701 文字)
  • [全文を読むには有料会員登録が必要です]
  • [有料会員登録がお済みの方はログインしてください]
  • [メールマガジン(無料)をご利用ください]

Pfizer 関連ニュース (最新5件を表示) [全ニュースを表示]

  • 2016-01-17 Calibr 心不全治療抗体製品のライセンス導入権利をPfizerに付与
  • 2016-01-16 Pfizer 中国の主要な小売りヘルスケアブランド製品群を取得
  • 2016-01-15 Hospira取得で得たポンプ事業売却をPfizerが検討/Bloomberg
  • 2016-01-10 Pfizer 投資戦略拡大の下で4社に4600万ドル投資
  • 2016-01-10 Pfizer Adaptiveの免疫解析を使って抗癌免疫誘導治療を開発する
この記事のカテゴリ
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2008-10-10 | 投稿者 : Sanctusさん
 Neurontinの適応拡大を求めて行った臨床試験の、自社社員によるゴーストライティング、未承認適応症に対する販促活動などが目に余り、NY州(先般スキャンダルで退陣したスパイヅァー知事が州政府検事総長の時代)、連邦政府に賠償金を支払うことで数年前に決着した訴訟事件があったのですが(当時のBMJ記事)、未だに同様の操作が発見されるのですね。

 M&A以前のNeurontin開発会社の不備であったのですが、保持会社の醜聞として発表されるのは仕方が無いことですね。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク