腸微生物代謝物インドール減少がマイクロRNA・miR-181を増やして肥満を助長
 ・ タイトルも本文に倣って「インドール→インドール減少に訂正しました。
Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。

スタチンでパーキンソン病の進行を抑制しうるかもしれない

この記事にコメントする
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2009-11-15 | 投稿者 : myamさん
スタチンはアレにも効く,コレにも効くと,何かいいことずくめのような印象で,かえって気になるのですが,ごく稀に ― ここに来て相次いで,リアルに気になるニュースが……

BioTodayの「2009-11-05 スタチンで拡張期心不全患者の肺機能や運動耐容能が悪化しうる」もそうですが,

ScienceDailyの「Statins Show Dramatic Drug And Cell Dependent Effects In The Brain」(Oct. 28, 2009)
http://www.sciencedaily.com/releases/2009/10/091028114017.htm
も ―

while both statins (引用者注:simvastatinとpravastatin) decreased expression of the Tau protein -associated with Alzheimer's disease -- in astrocytes, they increased Tau expression in neurons; pravastatin also increased the expression of another Alzheimer's hallmark, amyloid precursor protein (APP).

加えて,

Brain cholesterol levels tend to be reduced in elderly people, and in such individuals the long-term effects of statin therapy could lead to transient or permanent cognitive impairment.

ホントにだいじょーぶ?
BioTodayの無料メルマガ「BioTodayアラート」のご案内

NEJM、JAMA、BMJ、Lancetなどの主要な医学誌に掲載された重要な最新の医学的知見を簡潔にまとめて配信しています。 サンプルはこちらをご覧ください。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク