現在の使用レベルなら人工甘味料アスパルテームは安全

  • 2013-12-13 - 欧州の食品安全性監視機関European Food Safety Authority(EFSA)は、人工甘味料アスパルテーム(E951)やその分解物(フェニルアラニン、メタノール、アスパラギン酸)は現在の曝露レベルなら安全と判断しました。 (2 段落, 176 文字)
  • [全文を読むには有料会員登録が必要です]
  • [有料会員登録がお済みの方はログインしてください]
  • [メールマガジン(無料)をご利用ください]
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2013-12-16 | 投稿者 : ssuzukiさん
このような見解、知見を理解するには量的情報と数的情報の両者を一緒にして理解することが必要であり、今回の見解では「現在の曝露レベルなら安全」ということで、これは量的情報であり、質・数的情報ではないのです。つまり、数的情報とはそのような現在の暴露レベルでも何十年にわたる慢性使用後の安全性に関しては全く未知であると理解すべきなのです。
2013-12-15 | 投稿者 : 田舎の研究者さん
EFSA was asked by ....., which was previously planned for completion by 2020 ですね。

【清宮のコメント】ご指摘ありがとうございます。訂正します。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク