74372件の記事が見つかりました。
74372 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

NEJM誌掲載の2つの試験の結果、血友病A患者の第VIII因子補充治療に伴う第VIII因子(FVIII)中和抗体(インヒビター)は血漿由来FVIII製品の方が人工(組み換え)FVIII製品より生じ難く、活性化第IX因子(factor IXa)と第X因子に結合してFVIII機能を模す二重特異性抗体Emicizumab (ACE910) 週1回皮下投与はインヒビターの有無に関わらず重度血友病A患者の出血率を大幅に下げました。 2段落, 306文字

恐らくまたは確かに知能発達障害(intellectual developmental disorder)があって原因不明の代謝異常を有する家族関係のない発端者41人(90%が小児)の全エクソーム解析で28人(68%)の疾患関連変異が同定され、そのおかげでより適した治療を18人(44%)の患者に施すことが可能になりました。 2段落, 187文字

The New York Timesによると、放射線治療や手術が一般的だった5年前とは対照的に、初期前立腺癌と診断された米国男性の半数がいまや治療ではなく経過観察(active surveillance)を選んでいます。 2段落, 154文字

健康な女性およそ35,000人を中央値19年間追跡調査したところ、心房細動の発現とその後の癌リスク上昇が関連しました。 2段落, 102文字

2016年5月25日、既存薬の癌分野での新たな使い道を開発する新会社Iceni Pharmaceuticalsの発足が発表されました。 3段落, 214文字

2016年5月24日、PDL BioPharmaは、Novartisの高血圧治療薬アリスキレン(aliskiren)ブランドの世界権利を得る合意を交わしているNoden Pharma社の株式を最終的に88%分取得する投資合意を発表しました。 3段落, 206文字

2016年5月25日、Innocollは、鎮痛剤ブピバカインを供給するコラーゲン製移植剤XARACOLL (bupivacaine-collagen bioresorbable implant) の2つの第3相試験(MATRIX-1と2)がいずれも主要目標を達成し、ヘルニア開腹手術後の鎮痛効果が証明されたと発表しました。 4段落, 313文字

2016年5月25日、Arrivo BioVenturesは、初期の臨床試験段階に進む予定または既にその段階の医薬品候補を調達して仮説確認試験(clinical proof-of-concept)までの開発を手掛ける新会社Arrivo BioVenturesの発足を発表しました。 2段落, 203文字

米国FDA諮問委員会がNovo NordiskSanofiの糖尿病治療合剤IDegLira(Degludec/liraglutide)とiGlarLixi(lixisenatide/insulin glargine)のどちらの承認も推奨しました。 4段落, 337文字

Bloombergが得た情報によると、Sanofiによる買い取りを拒んでいるMedivation社の買い取りをCelgene CorporationGilead Sciences社が検討しています。 2段落, 181文字

2016年5月25日、Sarepta Therapeuticsは、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)薬Eteplirsenの承認審査が予定の締切日今月26日を過ぎると米国FDAから通知されたと発表しました。 2段落, 129文字

米国成人の2015年の喫煙率が新たな最低値を記録しました。 3段落, 96文字

ジカウイルス(ZIKV)感染が広まったブラジルのバイア州のデータを調べたところ、妊娠第1期のZIKV感染に伴う小頭症リスクは低くて0.88%、高ければ13.2%と推定されました。 3段落, 189文字

2016年5月24日、Norgine社は、ポリエチレングリコール(PEG)とアスコルビン酸の1リットル製品NER1006による腸管洗浄の第3相試験(MORA試験)で良い結果が得られたと発表しました。 3段落, 205文字

2016年5月23日、塩野義製薬は、オピオイドによる便秘を末梢性μオピオイド受容体拮抗薬Naldemedine(ナルデメジン)で治療した2つの同一デザイン第3相試験(COMPOSE I とII)で一貫した効果や安全性が示されたと発表しました。 3段落, 266文字

第3相試験(IM-UNITI)の結果、Johnson & Johnson(J&J)のIL-12/23遮断薬STELARA(ustekinumab)で症状緩解を達成した中等〜重度クローン病患者388人の同剤維持治療の44週時点症状緩解率がプラセボを上回りました。 2段落, 207文字

2016年5月24日、Asterias Biotherapeuticsは、完全胸髄損傷(complete thoracic spinal cord injury)患者5人への胚性幹細胞由来オリゴデンドロサイト前駆細胞AST-OPC1の第1相試験の良好な長期追跡結果を発表しました。 2段落, 210文字

2016年5月24日、Boehringer Ingelheimは、第2相試験での中等〜重度活動性クローン病患者のIL-23阻害剤risankizumabの治療の緩解誘導率がプラセボを上回ったと発表しました。 3段落, 253文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク