子宮細切除女性の子宮癌発覚は高齢になるほど多い
 ・ 文章の繋がりがおかしかった部分を訂正しました(1段落目「低侵襲性子宮摘出時により高齢の女性ほど」→「低侵襲性子宮摘出では、より高齢の女性ほど」)。
Tokai社 前立腺癌薬の第2相試験追加患者枠の投与開始
 ・ 誤解を訂正しました(”XTANDI(enzalutamide)治療に失敗した転移性去勢抵抗性前立腺癌患者”という新たな患者枠への投与が始まったという記載に改めました)
BIOPHYTIS 筋肉減少性肥満治療薬の薬物動態評価試験の資金110万ユーロ確保
 ・ 誤記を削除しました(Sarconeosの後のSARA-PKを削除)
75794件の記事が見つかりました。
75794 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

贅肉(excess body fatness)がないこと(BMIが25未満)は既に結論されている5つの癌(大腸癌、食道癌、腎臓癌、乳癌、子宮体癌)に加えて8つの癌(胃噴門癌、肝臓癌、胆嚢癌、膵癌、卵巣癌、甲状腺癌、 多発性骨髄腫、髄膜腫)リスクも下げることが十分に裏付けられていると癌研究国際機関IARC(International Agency for Research on Cancer)が結論しました。 3段落, 306文字

2016年8月24日、Mallinckrodtは、世界の核医学処置のおよそ80%で使われているテクネチウム-99m(Tc-99m)を生むモリブデン-99を製造している放射性造影製品事業をIBA Molecular (IBAM) におよそ6億9000万ドルで売る合意を発表しました。 2段落, 263文字

2016年8月23日、Clovis Oncologyは、変異BRCA進行卵巣癌を治療するPARP1-3阻害薬Rucaparibの承認申請が米国FDAに受理され、医薬品優先審査(priority review)されると発表しました。 2段落, 139文字

2016年8月24日、AstraZenecaの承認済みや開発が進んだ低分子抗生剤の主に米国外での開発や販売権利をPfizerが得る合意が発表されました。 3段落, 347文字

JAMA誌掲載の解析によると、子宮摘出に電動細断(power morcellation)を使うことは米国FDAがその使用をやめるように警告してから減少しています。 2段落, 170文字

赤ちゃんや小児の発熱が自然に解消するウイルス感染ではなくより危険な細菌感染によることを識別する血中RNA特徴が同定されました。 3段落, 180文字

米国でのレトロスペクティブ試験の結果、各種の専門家を擁するチームによる一般診療は従来の一般診療に比べて幾つかの患者転帰の改善をもたらしました。 2段落, 131文字

米国の1人あたりの処方薬への出費は世界で最も高く、米国の薬価が高いことは製薬会社の研究開発費とは関係がなく、政府から製薬会社に付与される独占権利や値下げ取引の制限に主に起因することが示されました。 2段落, 167文字

マンモグラフィ検診の価値や欠点・過剰診断は乳房密度(Breast Density)や乳癌リスクが高いほど大きく、乳癌リスクが平均的で乳房密度が低い50歳以上の女性の3年毎の検診は乳癌リスクが平均的な女性の2年毎の検診と少なくとも同等の益害バランスを保つと示唆されました。 2段落, 193文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク