Cerulean 進行固形癌患者へのドセタキセル徐放ナノ粒子薬のPh2a試験段階開始
 ・ 薬剤名とその成分の間違いを訂正しました(CRLX101→CRLX301、カンプトテシン→ドセタキセル)
LAMA/LABA合剤Ultibro BreezhalerのCOPD悪化抑制がLABA/ステロイド合剤に勝利
 ・ 関連ニュースを追加しました。
リンパ腫の抗CD20抗体rituximab付属自己T細胞製品治療Ph1試験が始まる
 ・ 独自技術ACTR発現自己T細胞による治療の試験である旨表現を訂正しました。また、試験登録情報へのリンクを加えました。
74842件の記事が見つかりました。
74842 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

2016年6月21日、Selecta Biosciencesが14ドル/株での500万株のIPO販売達成を発表しました。 3段落, 221文字

2016年6月24日、CRISPR/Cas9遺伝子編集技術による重病治療を開発しているCRISPR Therapeuticsは、シリーズBファイナンスでの3800万ドル追加調達を発表しました。 2段落, 139文字

2016年6月23日、bioAffinity Technologiesは、多様な癌のそれぞれに正確に治療をあてがうためのポルフィリン利用診断技術を活かす新会社OncoSelect Therapeuticsの設立を発表しました。 3段落, 225文字

バイオテック業界の著名ライターAdam Feuerstein氏の記事によると、Northwest Biotherapeuticsの癌ワクチンDCVax-Lの第3相試験は名目上は一時中断となっていますが、昨年の8月から今までの約1年もの間患者は組み入れられることはなく、患者組み入れの再開はなさそうと同社は認めています。 3段落, 331文字

2016年6月24日、武田薬品は、Amgen社との提携合意の改定により、AMG403とAMG386を含む複数の化合物/製品の日本での権利がAmgenに返還されると発表しました。 2段落, 140文字

造血幹細胞移植(HSCT)患者の免疫回復を助けたり移植片対宿主病(GvHD)リスクを下げる同種T細胞製品Zalmoxisと好酸球性喘息の治療薬Cinqaero(reslizumab)の承認が欧州医薬品庁(EMA)諮問委員会(CHMP)に推奨されました。 2段落, 182文字

2016年6月23日、免疫関連病態の検査を開発しているOxford Immunotec Globalは、ダニ媒介疾患の検査をもっぱら開発している米国のImugenのほぼ全資産を得る合意を発表しました。 2段落, 173文字

Reutersによると、英国の欧州連合(EU)離脱の決定を受け、ロンドンを本拠とする欧州医薬品庁(EMA)は移転せざるを得ないとドイツの製薬団体は言っています 2段落, 118文字

オピオイド鎮痛剤モルヒネの期待される効果とは真逆の痛覚過敏にNLRP3(NOD-like receptor protein 3)インフラマソーム活性化依存的なミクログリアのサイトカインIL-1β生成が寄与し、IL-1受容体遮断薬またはIL-1βによって調節されるIL-6やTNFの阻害剤(TB-2-081やEtanerceptなど)でモルヒネによる痛覚過敏を阻止しうることが示されました。 2段落, 254文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク