新型コロナウイルスは平均1000粒の一団で次の人に感染する
 ・ インフルエンザウイルスとの比較を短く追記しました。
ロシアのインフルエンザ薬・アプロチニンが新型コロナウイルスの複製を阻止
 ・ 関連ニュースを追加しました。
インフルエンザ感染者と接した人の予防目的のゾフルーザ使用を米国FDAが承認
 ・ 関連ニュースを追加しました。また、対象年齢(12歳以上)を追記しました。
[ 企業ニュース ]で検索した結果 50194件の記事を検出しました。
50194 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

遠隔医療を助ける持ち運び自由な超音波検査装置を開発しているButterfly NetworkがSPAC会社Longview Acquisitionに召されてニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場します。 3段落, 256文字

脳卒中やその他の老化疾患を人工GDF11で治療する取り組みを臨床試験へと進めるための資金1500万ドルをElevian社が調達しました。 2段落, 131文字

妊婦にGlaxoSmithKline(GSK)の呼吸器合胞体ウイルス(RSV)ワクチンGSK3888550Aを投与して生まれてくる子の下気道RSV感染症予防効果を調べる第3相試験(GRACE)が最初の投与に至りました。 2段落, 155文字

21日間あけて2回接種するロシアの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防ワクチンSputnik Vの第3相試験の1回目接種から28日時点(2回目の投与から7日後)での途中解析の効果は1回目接種から21日時点(2回の接種時)での効果92%とほぼ同じ91.4%でした。 4段落, 317文字

フリードライヒ運動失調症(FA)薬omaveloxolone(オマベロキソロン)の治療開始前と開始後を比較したBaseline-Controlled Study解析結果はMOXIe Part 2試験パート2結果をより確かなものにすると米国FDAが判断すればReata Pharmaceuticals社は同剤を来年中頃に米国FDAに承認するつもりでしたが、残念ながら米国FDAはそう判断せずBaseline-Controlled StudyはMOXIe Part 2試験パート2の補強になっていないと結論しました。 3段落, 433文字

AstraZeneca(アストラゼネカ)の2回接種の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防ワクチンAZD1222の第3相試験での有効性90%を引き出した1回目低用量-2回目高用量投与群の年齢上限は効果がより劣る62%だった2回とも高用量投与群と違って55歳でした。 2段落, 206文字

新型コロナウイルス感染(COVID-19)流行と関連する旅行制限で要件の工場査察ができないことを受けてRevance Therapeutics社のしわ取り薬RT002(DaxibotulinumtoxinA for Injection)の米国FDA審査が延長されました。 3段落, 227文字

Liquidia Technologies社の肺動脈性肺高血圧症(PAH)薬LIQ861 (treprostinil) 吸入剤を米国FDAが承認しませんでした。 2段落, 126文字

過活動膀胱薬として米国FDAに承認申請されていて間もなく審査結果が判明するUrovant社のβ3アドレナリン受容体活性化剤vibegron(ビベグロン)の別の用途・過敏性腸症候群(IBS)治療の初期第2相試験が残念ながら主要目標に至りませんでした。 2段落, 172文字

非天然の増設アミノ酸を備えてより精密に事に当たる蛋白質薬を開発するAmbrx社が今月初めに大枚2億ドルの調達を済ませました。 2段落, 201文字

病院都合ではなく患者都合に合わせた遠隔臨床試験を可能にする組み合わせ自由で使い勝手が良いソフトウェア開発会社Medable社が9100万ドルを調達しました。 2段落, 142文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク