COVID-19患者の血中NETは多い~サイトカイン放出や呼吸器不全に寄与しうる
 ・ 関連ニュースや文献を追加し、NETからみのCOVID-19治療の現状を追記しました。
アルツハイマー病Ph2目標非達成にもかかわらず塩野義製薬がTetra社を買い取る
 ・ アルツハイマー病Ph2の結果を追記しました。
Merck & Coが満を持して新型コロナウイルス感染治療の取り組みに着手
 ・ 米国政府からの資金提供について短く追記しました。
[ 企業ニュース ]で検索した結果 48938件の記事を検出しました。
48938 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

メトトレキサート(MTX)治療の甲斐なく悪化した妊娠性絨毛性腫瘍(GTT)女性15人にPfizer/Merck KGaAの抗PD-L1薬BAVENCIO(バベンチオ;Avelumab)を投与した第2相試験TROPHIMMUN患者枠Aで半数以上8人(53%)のヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)活性が正常化し、それら8人とも同剤を止めて中央値29か月間の経過観察のあいだ再発なしで過ごせています。 4段落, 324文字

第3相試験JAVELIN Bladder 100の結果、化学療法による初治療が済んだ局所進行/転移性尿路上皮癌患者へのPfizer/Merck KGaAの抗PD-L1薬BAVENCIO(バベンチオ;Avelumab、アベルマブ)投与で生存期間が7か月ほど延長しました。 3段落, 195文字

武田薬品の抗インテグリン薬SHP647の買い手が見つからず開発が中止されました。 3段落, 180文字

下痢を伴う過敏性腸症候群(IBS-D)患者の腹痛へのIronwood/AbbVieのグアニル酸シクラーゼ(GC-C)活性化剤MD-7246(linaclotide遅延放出剤)の第2相試験が目標に至らず同剤の開発が中止されました。 2段落, 140文字

日本で急性膵炎/播種性血管内凝固症候群(DIC)の治療として承認されている注射剤Nafamostat(ナファモスタット;日本での商品名フサン)が新型コロナウイルス感染(COVID-19)患者にどうかを調べる試験のインドでの開始が許可されたとSun Pharmaceutical Industries社が発表しました。 3段落, 380文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク