透析中に30分ほど自転車漕ぎ運動をすることで心臓の調子が改善
 ・ 自転車漕ぎ運動の医療費抑制効果を追記しました。
心臓発作患者のリハビリを増やす遠隔指導の仕組みをAmgenがLiva社と組んで開発
 ・ 心臓発作を脳卒中としていた誤解を訂正しました。大変ご迷惑をおかけしました。
J&JのCOVID-19ワクチンでも深刻な血栓症が発生して欧州が調査している
 ・ 欧州でのJ&Jワクチン接種は今後数週間で始まる旨追記しました。
95296件の記事が見つかりました。
95296 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

ザクロやその他の果物やナッツに含まれる成分エラジタンニン(ellagitannin)が腸微生物に代謝されて生じるマイトファジー誘導分子・ウロリチンA(Urolithin A)がデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)マウスの筋肉機能を改善しました。 3段落, 255文字

nerinetide(ネリネチド)はシナプス蛋白質PSD-95を阻んで脳卒中患者の神経を守ります。 3段落, 307文字

ハンチントン病を模す小型のブタの脳線条体へのuniQure社の遺伝子治療AMT-130投与でその狙い通り脳の変異ハンチンチン(mHTT)が長く抑制されました。 2段落, 115文字

エボラウイルス感染者の血清にいち早く現れる分泌糖蛋白質(sGP)を頼りとする即座検査が開発されました。 2段落, 95文字

肝細胞癌(HCC)のヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)阻害はT細胞を呼び寄せるケモカイン放出を強い、CD8+T細胞の腫瘍侵入を増やし、HCCマウスの抗PD-L1治療の腫瘍除去効果を増強しうることが示されました。 2段落, 160文字

プロテアーゼ阻害因子serpinB13の阻止抗体がマウスの膵島細胞を増やして糖尿病を生じ難くすることが示されました。 3段落, 182文字

先立つ治療回数が4回以上のCD30発現ホジキンリンパ腫患者4人全員がAffimed社の免疫細胞(CD16A)-癌細胞(CD30)連結薬AFM13付きナチュラルキラー(NK)細胞で寛解し、2人は完全寛解に至りました。 3段落, 242文字

Merck & Coが去年28億ドルで買ったVelosbio社の目玉の品・殺細胞剤付き抗体VLS-101の部品の一つ・ROR1標的抗体cirmtuzumab(シルムツズマブ)単体が乳癌にどうかを調べている3年前からのPh1b試験は遅々としていて奏効率は若干下降気味であり、Velosbioから独立して同剤を開発するOncternal Therapeutics社の株価が下落しました。 2段落, 381文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク