Medivir社のカテプシンK阻害剤は変形性膝関節症の悪化を抑制するかもしれない
 ・ 関連ニュースを追加しました。
幼い頃に虐待されたコカイン依存の人のオキシトシン治療の効果は男女で異なる
 ・ 2段落目を修正しました(扁桃体の活動がオキシトシン点鼻で亢進したと修正しました)
癌の放射線治療の心臓への害は時計蛋白質Bmal1が少ないほどより甚大らしい
 ・ 誤記を訂正しました(24週間周期→24時間周期)
89539件の記事が見つかりました。
89539 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

インスリン様増殖因子1受容体(IGF-1R)が関わるタンパク質複合体を活性化する自己抗体のせいで目の裏側の筋肉や脂肪組織が腫れて眼球突出や視力悪化を招く深刻な自己免疫疾患・甲状腺眼症(TED)を治療するHorizon Therapeutics社のIGF-1R阻害抗体静注薬Tepezza(teprotumumab、テプロツムマブ)が米国FDAに承認されました。 7段落, 673文字

長期の生存データを有する乳癌患者352人の腫瘍内の細胞それぞれの特徴や配置をバイオマーカー35種の細胞ごとの定量で明らかにした結果、従来の病理所見に基づく分類とは異なる18種類のサブグループが判明しました。 3段落, 243文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク