84958件の記事が見つかりました。
84958 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

電子カルテの一部をなす意思決定ツールの利用により、救急科(ED)の急な肺塞栓症(PE)患者の外来移行を増やしうることが示されました。 2段落, 140文字

2014年以降1年おきに米国で流行を繰り返している未だ原因不明の病気・急性弛緩性脊髄炎(AFM)の今年の流行を調べたところ、ウイルス感染症と一致する病態・発熱、呼吸器症状、胃腸症状が四肢麻痺に先立って主に認められました。 2段落, 138文字

2500万ドルの前金と1500万ドルの投資を得るのと引き換えにEli Lillyと共に抗癌免疫誘導抗体を見つける提携を先週ものにしたNextCure社がその投資1500万ドルを含む9300万ドル調達も済ませました。 3段落, 243文字

命を救う薬の普及を目指す国連支援団体The Medicines Patent Pool (MPP) が取り付けたライセンス合意により、世界保健機関(WHO)推奨のAbbVie社製C型肝炎薬MAVYRET(glecaprevir/pibrentasvir)の後発品が権利使用料なし(royalty-free)で99の低〜中所得国/地域で販売可能になります。 2段落, 236文字

3次元構造も加味した低分子化合物-RNA相互作用解析技術に基づいてRNA標的低分子薬を開発するRibometrix社が3000万ドルを調達しました。 2段落, 121文字

Rocheの抗PD-L1抗体TECENTRIQ(Atezolizumab)とAbraxane(nab-paclitaxel)によるPD-L1陽性局所進行/転移性3受容体陰性乳癌(TNBC)初治療の承認申請が米国FDAに受理され、医薬品優先審査(priority review)されています。 4段落, 306文字

呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染症予防薬Synagis(palivizumab)の米国権利をAstraZenecaがSwedish Orphan Biovitrum AB (Sobi) に売却し、Sanofiと組んで開発している次世代の長く効くRSV薬MEDI8897の開発に専念します。 4段落, 386文字

降圧薬バルサルタンやイルベサルタン(irbesartan)で検出された恐らく発癌性の物質NDEA (N-Nitrosodiethylamine) が浙江省Huahai Pharmaceutical社製ロサルタンにも含まれていた事を受けてNovartis後発品事業Sandozがロサルタン錠剤1ロットを米国で回収しています。 2段落, 231文字

語尾”vant”企業を従えるVivek Ramaswamy氏の司令塔Roivant Sciences社が更に”vant”企業を増やして新薬や新技術の開発に勤しむための資金2億ドルを確保しました。 2段落, 185文字

Concert社が12日月曜日に発表した円形脱毛症薬CTP-543のPh2a途中結果とPfizerが9月に発表したライバル薬PF-06651600やPF-06700841のPh2結果の比較で投資家は後者に分があると見たらしく、Concert社の株価は下落しました。 3段落, 266文字

キナーゼRIP1は膵癌を攻撃するようにキラーT細胞を仕向けるマクロファージ機能を抑制する働きがあり、GlaxoSmithKlineのRIP1阻害剤GSK547はキラーT細胞活性化を促して抗腫瘍免疫を誘導しうることがヒト膵癌を模す培養体やマウス研究で示されました。 2段落, 231文字

小児が運動していて被った脳震盪への対処方針を米国小児科学会(AAP)が示しました。 3段落, 210文字

小児、成人、高齢者に必要な運動習慣を米国が新たに示しました。 5段落, 244文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク