標高3000m超に住んでいた最古の凍結ミイラ男性の食事は極端に高脂肪食だった
 ・ 3段落目を追記しました。
Zogenix 低用量フェンフルラミン薬でドラベ症候群患者の発作が有意に減少/Ph3
 ・ 関連ニュースのタイトルがURLになっていたのを訂正しました。
ウイルスベクター不要の電気ショックによるT細胞ゲノムCRISPR編集技術を開発
 ・ 関連ニュースを追加しました。また、通電を利用した技術である旨追記しました。
83728件の記事が見つかりました。
83728 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

多発性硬化症(MS)薬Copaxone(glatiramer)後発品の卸売価格をMylanが1,800ドルから5,000ドルへと激安にしたことで、TevaもCopaxoneを値下げせざるを得ないでしょう。 2段落, 239文字

中国Huahai Pharmaceutical社製の降圧/心不全薬成分バルサルタン(Valsartan)を回収している欧州やその他の国に倣い、米国でも特定のメーカーのバルサルタン製品の自主回収が始まっています。 4段落, 344文字

稼ぎ頭の薬剤の後発品、たとえばMylanのNeulastaバイオシミラーFulphila等との競争を控えるAmgenがその影響を緩和すべく今こそ買収に乗り出すことはありえそうで、希少疾患薬のAlexion Pharmaceuticalsがその候補と目されるようになっているとバーンスタインのアナリストRonny Gal氏が顧客に説明しています。 2段落, 277文字

Tonix Pharmaceuticals社のシクロベンザプリン舌下錠TNX-102 SLによるアルツハイマー病不穏行動(Agitation in Alzheimer’s disease)治療のPh2試験開始を今年4月に許可した米国FDAが、その治療の開発をさらにFast Track(優先承認審査)対象としました。 2段落, 246文字

転移あり前立腺癌にすでに使われているPfizer/アステラス製薬のアンドロゲン受容体阻害剤XTANDI(enzalutamide)を転移前のより初期の前立腺癌にも使うことを米国FDAが承認しました。 4段落, 338文字

スウェーデンのバイオテックDexTech Medicalのデキストラン利用抗癌剤・OsteoDexによる骨転移前立腺癌治療の後期第2相試験の結果が間もなく今年中に判明します。 4段落, 238文字

2型糖尿病成人の重大な心血管有害事態リスク低下作用をJ&JのSGLT2阻害剤INVOKANA(canagliflozin)の効能とするための承認申請の米国FDA審査期間が3か月間延長されました。 3段落, 162文字

慢性腎疾患(CKD)と2型糖尿病(T2D)の両方を患う患者へのJ&JのSGLT2阻害剤INVOKANA(canagliflozin)投与の腎臓保護作用を調べるためのプラセボ対照第3相試験(CREDENCE)が主要目標に達し、早期完了となりました。 2段落, 144文字

SIGA Technologies社の天然痘治療薬TPOXX(tecovirimat、ST-246)が米国FDAに承認されました。 2段落, 132文字

GlaxoSmithKline(GSK)の三日熱マラリア治療薬tafenoquineの効果と安全性が米国FDA諮問委員会に支持されました。 4段落, 207文字

2か月前に最高事業責任者(CBO)Curt Herberts氏の辞任を発表したSangamo Therapeutics社から今度は最高技術責任者(CTO)Michael Holmes氏が出ていきます。 4段落, 257文字

意欲溢れる博士課程中退29歳女性Alice Zhang氏が率いる人工知能(AI)創薬会社Verge Genomicsが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)とパーキンソン病治療の開発を後押しする3200万ドルを調達しました。 2段落, 154文字

Merck & Coからの過活動膀胱(OAB)薬vibegron権利取得とともに昨年6月に発足し、その第3相試験(EMPOWUR)を今年3月に開始し、Allergan社泌尿器事業出身のCornelia Haag-Molkenteller氏をその翌月4月に最高医学責任者(CMO)に据えたUrovant Sciences社が1億5000万ドルのIPO調達を目指します。 4段落, 392文字

ニュージャージー州上院議員選挙の共和党立候補者・Bob Hugin氏の反対勢力が、彼がかつて率いていたCelgeneの抗癌剤REVLIMID(lenalidomide)の値段の有り様を非難する癌患者の広告を流しています。 3段落, 255文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク