Amgen どこでも使えるポケットサイズシーケンサーの開発会社の株式を取得
 ・ AmgenがdeCODE Geneticsを子会社に擁する旨追記しました。
開発頓挫から再生すべくEndocyte社が前立腺癌治療製品を調達〜来年前半Ph3へ
 ・ 関連ニュースのタイトル「Endocyte Announces Exclusive Worldwide License of Phase 3 Ready PSMA-Targeted Radioligand Therapy for Development in Prostate Cancer」が抜けていたのを追記しました。
Affimed 重篤有害事象発生によりCD19/CD3標的二重特異性抗体のPh1差し止め
 ・ 付け忘れていた関連ニュースを追加しました。
84712件の記事が見つかりました。
84712 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

Merck & CoのSTING活性化剤MK-1454を進行固形癌/リンパ腫患者の腫瘍に注射するPh1試験途中結果が報告され、単独投与の奏効率は0%(0/20人)、抗PD-1薬Keytruda(pembrolizumab)との併用の奏効率は24%(6/25人)でした。 2段落, 179文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク