GSKのICS/LAMA/LABA3剤Trelegy Ellipta治療のCOPD悪化抑制は2剤治療に勝る
 ・ 関連ニュースを追加しました。
AstraZeneca TAGRISSOによるEGFR変異肺癌初治療がFDAに承認された
 ・ 関連ニュースを追加しました。また、TAGRISSOの売り上げ予想について短く追記しました。
Novartis Amgenの最高医学責任者John Tsai氏を薬剤開発リーダーに迎える
 ・ 関連ニュースを追加しました。
82705件の記事が見つかりました。
82705 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

コレステロール生合成に寄与する酵素・スクアレンエポキシダーゼ(SQLE)が非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)に伴う肝細胞癌(HCC)発現に寄与しており、真菌のSQLE同等物ERG1を阻害する抗真菌薬テルビナフィン(Terbinafine)はSQLE阻害を介してNAFLDに伴うHCC(NAFLD-HCC)発現を封じうることがマウス実験などで示されました。 2段落, 276文字

RNAi技術に関してお互い訴えあっていたDicerna PharmaceuticalsとAlnylam Pharmaceuticalsが和解に至ったことを公判の数日前に発表しました。 5段落, 414文字

二次進行型多発性硬化症(SPMS)患者の体の不自由さの悪化をNovartisのS1P受容体調節薬siponimodは再発抑制とは独立して防ぐことが第3相試験(EXPAND)データの新たな解析で示されました。 5段落, 371文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク