ウイルスのインスリン様ペプチドを同定
 ・ 参考文献を追記しました。
1億700万ドルを調達して間もないArcus社が最大1億ドルのIPO調達を計画
 ・ 関連ニュースを追加しました。また、CEO・Terry Rosen氏がかつて率いていたFlexus Bioの歴史を短く追記しました。
GW社 大麻化合物GWP42006による発作治療のPh2a試験失敗
 ・ 関連ニュースと参考文献を追加しました。また、プラセボ効果に関する記載を本文中に追記しました。
82032件の記事が見つかりました。
82032 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

最近開催された米国皮膚科学会(American Academy of Dermatology)年次総会に出席したBarclaysのアナリストによると、乾癬治療薬はより有効になっており、医師は100%完治が理想的かつその達成は有意義と考えていて薬の僅かな良し悪しをよく分かっており、完治指標PASI100達成が乾癬薬の新たな有効性目標となりつつあります。 4段落, 486文字

腸に共生する細菌が敗血症を防ぐ血清IgA抗体を誘導しうることが示されました。 3段落, 249文字

SovaldiやHarvoniが支えるC型肝炎薬の今年の売り上げがアナリスト予想50億ドルをかなり下回る35~40億ドルになると発表し、Kite社買収で手に入れたCAR-T抗癌剤Yescartaの昨年4Qの売り上げがアナリスト予想970万ドルに届かなかったGilead Sciences社が販売リーダーJames Meyers氏の退職を発表しました。 3段落, 371文字

昨年暮れにFDA承認されたNovo Nordiskの週1回注射GLP-1糖尿病薬Ozempic(semaglutide)が米国有数の中間業者Express Scriptsの給付対象薬となり、数百万人もの民間保険加入2型糖尿病患者が使用可能となります。 3段落, 279文字

欧州の慢性閉塞性肺疾患(COPD)薬市場の競争が激しさを増していることを背景にして、NovartisのLAMA/LABA吸入合剤Ultibro Breezhaler(indacaterol/glycopyrronium)が肺過膨脹COPD患者の肺機能と心臓機能を改善することを示した試験(CLAIM)結果が論文発表されました。 3段落, 274文字

11の無作為化試験をまとめて解析した結果、糖尿病患者の多枝冠動脈疾患の冠動脈バイパス手術(CABG)の5年間死亡率はステント使用経皮冠動脈インターベンション(PCI)より有意に低いことが示されました(15.5% vs 10.0%)。 3段落, 295文字

522の無作為化試験結果をネットワークメタ解析して21の抗うつ薬を比較した結果の論評によると、効果(8週間の転帰)に加えて副作用負担(acceptability;8週間の試験脱落率)を考慮するとagomelatine(アゴメラチン)・escitalopram(エスシタロプラム)・vortioxetine(ボルチオキセチン)の3剤は正味の効果が大きくてより好ましく、fluvoxamine(フルボキサミン)・Reboxetine(レボキセチン)・trazodone(トラゾドン)はより劣るようです。 2段落, 369文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク