ヤギも喜ぶ顔が見たい
 ・ タイトルを訂正しました。
Mereo社 不振のOncoMedとの合併を足がかりにNASDAQ上場
 ・ 薬剤名の誤記を訂正しました(eliglustat→etigilimab)
脊椎関節炎にJAK1選択的阻害剤filgotinibが効いたPh2試験2つが論文報告された
 ・ 参考文献の1つを正しいものに訂正しました(TORTUGA試験報告へのリンクを表示)。
85249件の記事が見つかりました。
85249 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

Evaluateの編集部門Vantageの新たな報告によると、承認申請が射程圏の世界の開発品のうち最近発表のPh3試験で良好な成績を収めたVertex社の嚢胞性線維症(CF)治療合剤VX-659/tezacaftor/ivacaftorは最も貴重で、コストと売り上げ予想に基づくと144億ドルの値打ち(net present value;NPV)があります。 2段落, 261文字

既存の抗精神病薬と違ってドパミン受容体に結合せず、セロトニン受容体の中で唯一結合する5-HT1Aと微量アミン関連受容体1(TAAR1)を恐らく活性化する大日本住友製薬/PsychoGenics社の向精神薬SEP-363856の第2相試験(SEP 361-201)で統合失調症治療効果が認められました。 3段落, 281文字

起業を次々に生み出すRobert (Bob) Langer氏のマサチューセッツ工科大学(MIT)研究室出身のRobert Langer氏が率いるPerosphere Pharmaceuticals社をAMAG Pharmaceuticals社が前金5000万ドル支払いと1850万ドルの負債引き受けで取得し、凝固因子直撃経口薬や低分子ヘパリン(LMWH)の抗凝固作用を解消するPh3準備段階低分子薬Ciraparantag(PER977)を手に入れます。 3段落, 407文字

Merck & Coがブラジルの非営利メーカーInstituto Butantanにひとまず2600万ドルを支払い、それぞれのデングウイルス(DENV)感染症予防ワクチンを臨床試験データや経験を共有しつつ共同開発します。 2段落, 198文字

Sanofiの年間売り上げおよそ65億ドルの持効インスリンLantusの製剤特許を無効と米国特許商標局(PTA)が判断し、Mylan/Biocon社製の後発品承認の妨げが1つ解消しました。 4段落, 307文字

白金化学療法による初治療の甲斐なく進展/再発した転移性小細胞肺癌(SCLC)患者の生存をBristol-Myers Squibb(BMS)の抗PD-1薬Opdivo(nivolumab)で改善できなかった第3相試験(CheckMate -331)の具体的な結果が欧州癌学会で報告されました。 4段落, 404文字

Applied Genetic Technologies Corporation(AGTC)社のレチノスキシン(RS1)発現AAVベクターrAAV2tYF-CB-hRS1でRS1遺伝子変異疾患・X連鎖性網膜分離症(XLRS)を治療したPh1/2試験で臨床効果が認められず、Biogen社がAGTC社との提携打ち切りを決めました。 2段落, 246文字

10月に亡くなったマイクロソフト設立者の1人Paul Allen氏によって15年前の2003年設立された生命科学研究機関Allen Instituteが、同氏からの1億2500万ドルの寄附を元手に運営される免疫研究機関Allen Institute for Immunologyを新たに設立しました。 2段落, 192文字

フランスのバイオテックGenSight Biologics社のレーベル遺伝性視神経症(LHON)遺伝子治療GS010の第3相試験(REVERSE)では主要転帰・48週時点の視力改善は認められませんでしたが、患者からの申告に基づく評価指標によると、高度な視力を要する日頃の用事がより楽になり、目の痛みや視覚関連心労などを反映する普段の調子(well-being)が改善しています。 3段落, 361文字

診断手順がMRIなどを使う昨今とは随分違うおよそ30年前の1989年から1999年を患者組み入れ期間とする無作為化試験(SPCG-4)の23年間の追跡調査の結果、局所前立腺癌男性の前立腺切除治療は症状のみの治療(watchful waiting)に比べておよそ3年間の生存延長をもたらしました。 3段落, 263文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク