80605件の記事が見つかりました。
80605 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

AstraZenecaが2015年に40億ドルで過半数を買ったAcerta社の抗癌剤Acalabrutinibの前臨床研究で偽造があったことをAstraZeneca社が認めました。 3段落, 287文字

昨年の売り上げ15億ドルのドライアイ薬Restasis(Cyclosporine)の特許は無効とテキサス州地方裁判所が判断し、同剤メーカーAllerganは上訴すると言っています。 3段落, 291文字

18日開催の諮問委員会に先立って公開された資料によると、Novo Nordisk社が売り上げ増加の頼みの綱とする頼糖尿病薬semaglutide(セマグルチド)週1回投与は有効であり、同剤治療と関連する網膜症進展増加は眼科での懸念にはならない(does not raise any ophthalmic concern)と米国FDAスタッフは判断しています。 2段落, 281文字

やがてBristol-Myers Squibb(BMS)に12億5000万ドルもの大金で買われるFlexus Biosciences社に知的財産価値10億ドル超のIDO1阻害剤関連企業秘密をIncyte社元社員Jordan Fridman氏が横流し、その不正に共謀したとして、Flexus設立者2人とFlexus社に20億ドル超に達しうる賠償金を求める訴訟をIncyteが起こしました。 2段落, 387文字

今年5月に主要目標達成が速報されたアミロイド症薬inotersen (IONIS-TTRRx) の第3相試験の詳細をIonis社が報告しました。 4段落, 387文字

Warp Drive Bio社が天然成分から見つけた抗生剤を選んで開発して販売するオプション権利をRocheが得ます。 3段落, 200文字

NovartisのZykadia(ceritinib)による肺癌初治療のFDA承認やRocheのAlecensa(alectinib)による肺癌初治療の良好な悪化抑制効果など、後続薬からの突き上げをくらっているPfizerのXalkori(crizotinib)の次を担うALK/ROS1阻害剤Lorlatinibの第2相試験結果一揃えが学会で披露されました。 3段落, 428文字

13,500人超の小児やその両親の健康を追跡している試験・Born in Bradford (BiB) のIL-36受容体(IL-36R)遺伝子変異被験者12人の免疫機能は正常であり、IL-36伝達を阻害しても防御機能はどうやらなんとも無いらしく、IL-36遮断による膿疱性乾癬や尋常性乾癬の治療の開発が支持されました。 3段落, 275文字

IL-2受容体γ鎖(IL2RG)遺伝子変異を原因とするX連鎖重症複合免疫不全(SCID-X1)を模すマウスを使い、SCID-X1を安全に治せる水準まで造血幹/前駆細胞(HSPC)IL2RG変異を遺伝子編集技術で矯正する手順が確立されました。 2段落, 155文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク