他の変異株と違ってオミクロン株は感染を経た人への感染力が高い
 ・ 関連ニュースを追加しました。
Quell社が肝臓移植患者の拒絶予防Treg細胞の第1/2相試験資金1億5600万ドル調達
 ・ 関連ニュースを追加しました。また、LIBERATE試験の予定を短く追記しました。
TG社 後に効果が大幅悪化しうるPh3成績がましな今のうちに公募調達
 ・ タイトルをもっとわかりやすくなるように変えました。
97953件の記事が見つかりました。
97953 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

ニューヨーク州での今年2021年5月から8月末頃までのPfizer、Moderna、J&Jの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの効果を調べたところデルタ変異株が増えてからのSARS-CoV-2感染(COVID-19)予防効果は若干落ちたもののCOVID-19入院予防効果は高いまま保たれていました。 4段落, 438文字

リンパ節非転移の乳癌手術後の化学療法をせずに済ませうる患者の選別に役立つ21遺伝子の検査がリンパ節転移患者でも有益なことが示されました。 3段落, 309文字

再発卵巣癌を手術して化学療法を施す方が化学療法のみに比べて長生きできることを示した無作為化試験(DESKTOP III)結果が論文報告されました。 2段落, 122文字

米国成人44万人近くを調べたところModernaとPfizerの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンはどちらも極めて有効で感染、入院、死亡をごく僅かに抑えました。 2段落, 176文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。