他の変異株と違ってオミクロン株は感染を経た人への感染力が高い
 ・ 関連ニュースを追加しました。
Quell社が肝臓移植患者の拒絶予防Treg細胞の第1/2相試験資金1億5600万ドル調達
 ・ 関連ニュースを追加しました。また、LIBERATE試験の予定を短く追記しました。
TG社 後に効果が大幅悪化しうるPh3成績がましな今のうちに公募調達
 ・ タイトルをもっとわかりやすくなるように変えました。
97964件の記事が見つかりました。
97964 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

第2相試験で安全性懸念・総リンパ球数やCD4+ T細胞数の減少を招いたMerck & Coのヌクレオシド系逆転写酵素トランスロケーション阻害剤islatravir(イスラトラビル)の第3相試験2つIMPOWER 22 (MK-8591-022) とIMPOWER 24 (MK-8591-024) の被験者組み入れが停止されました。 4段落, 324文字

ステージIIBやIICの黒色腫を切除した12歳以上の小児や成人患者へのMerck & Coの抗PD-1薬Keytruda(キイトルーダ;pembrolizumab)の投与が米国FDAに承認されました。 3段落, 251文字

先立つ治療を4-5回も失敗しているB細胞非ホジキンリンパ腫(NHL)患者4人のうち3人がAdicet Bio社のCD20標的γδT細胞ADI-001投与で寛解しました。 2段落, 165文字

アミノ酸アルギニンの蓄積を特徴とし、けいれん・発作・発達遅延・知的障害を引き起こす進行性の病気・アルギナーゼI欠損症(ARG1-D)患者へのAeglea BioTherapeutics社のアルギニン分解剤pegzilarginase(ペグジルアルギナーゼ、AEB1102)の第3相試験(PEACE)で血漿アルギニンの減少は認められたものの歩行・走行・跳躍などの動作の指標GMFM-Eの有意改善は残念ながら認められませんでした。 3段落, 286文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。