BMSのOpdivoとYervoyによる腎癌初治療患者の半数超52%が3年半生存
 ・ Yervoyの日本語名を訂正しました(イェルボイ→ヤーボイ)
新型コロナウイルスの正式名称が決まる〜ワクチン準備に18か月かかる/WHO
 ・ WHOが新型コロナウイルスによる病気をCOVID-19と名付けた旨追記しました。
若者は大人に近づくほど動かなくなり、動かない若者ほどうつ症状により陥る
 ・ 関連ニュースを追加しました。
89958件の記事が見つかりました。
89958 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

2つの試験の結果、赤ちゃんに保湿剤(emollient)を使っても1歳までのアトピー性皮膚炎(湿疹)発現率は非使用群と変わりなく、心配なことに1つの試験では保湿剤使用群に皮膚感染症がより多く認められました。 2段落, 151文字

アメーバから一般的なアメーバ在住ウイルスらしからぬ不思議なDNAウイルス・Yaravirus(ヤラウイルス)が見つかりました。 2段落, 149文字

バングラディシュ、パキスタン、スリランカの田舎の30地域の高血圧患者が参加したクラスター無作為化試験の結果、医療従事者が患者の家に出向いたり医師を訓練したり血圧制御不良患者に観察者をあてがう地域ぐるみの高血圧治療で血圧がより下がりました。 3段落, 255文字

中外製薬からGalderma社に権利付与された抗IL-31受容体抗体nemolizumab(ネモリズマブ)で結節性痒疹患者の痒みが改善したプラセボ対照第2相試験結果が論文になりました。 3段落, 232文字

Merck & Coの抗PD-1薬Keytruda(キイトルーダ;pembrolizumab)高用量400 mgを6週間に1回投与(Q6W)する用法を米国FDAが承認しませんでした。 3段落, 205文字

中国広東省(Guangdong)珠海(Zhuhai)の2019年出現新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染患者18人の上気道検体を調べたところ無症状だった1人のウイルス量は発症患者17人と変わらず、無症状またはほぼ無症状の人からも感染は広まりうると示唆されました。 3段落, 250文字

中国の浙江省での新型コロナウイルスSARS-Cov-2感染入院患者62人を調べた結果、それらの患者の症状は武漢での流行初期のSARS-Cov-2感染に比べて軽めでした。 3段落, 232文字

新たな細菌感染治療の開発に投資する官民協力組織CARB-XがLytica Therapeutics社の抗細菌ペプチド開発に最大530万ドルを提供します。 2段落, 180文字

アステラス製薬が30億ドルで買ったAudentes Therapeutics社が1億0900万ドルを費やして米国ノースカロライナ州Sanfordに遺伝子治療製造工場を建設します。 3段落, 191文字

売り上げが横ばいの抗PD-1薬Opdivo(オプジーボ;nivolumab、ニボルマブ)とFive Prime Therapeutics社から取り寄せたCSF-1受容体阻害剤Cabiralizumab(カビラリズマブ)の併用を膵癌に試したBristol-Myers Squibb(BMS)主催の第2相試験が主要目標達成を逃しました。 2段落, 236文字

Roche(ロシュ)のPD-L1抗体Tecentriq(テセントリク;Atezolizumab、アテゾリズマブ)単独でのPD-L1高発現非小細胞肺癌(NSCLC)初治療の承認申請が米国FDAに受理されて医薬品優先審査(priority review)枠に入りました。 3段落, 312文字

Incyte社のJAK阻害成分ruxolitinib(ルクソリチニブ)塗り薬によるアトピー性皮膚炎治療の2つ目の第3相試験TRuE-AD1も主要目標を達成しました。 3段落, 282文字

よりありのまま(native)の折りたたみ状態の蛋白質解析が可能なネイティブ質量分析を利用した創薬を手掛けるオックスフォード大学出身のOMass Therapeutics社が2750万ポンドを調達しました。 2段落, 197文字

Ascletis Pharma社の甲状腺ホルモン受容体β(THRβ)活性化剤ASC40による非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)治療の臨床試験開始が中国で許可されました。 2段落, 134文字

米国の投資王Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏が指揮するBerkshire Hathaway(バークシャー・ハサウェイ)がアルツハイマー病薬aducanumab(アデュカヌマブ)の米国FDA承認申請を控えるBiogen社の株式約65万株を2億ドルほど(1億9240万ドル)で取得しました。 3段落, 370文字

稀な病気の治療を開発する新会社を設立しているCydan社が2016年に作ったImara社が鎌状赤血球症(SCD)/βサラセミア治療薬IMR-687の開発資金8625万ドルIPO調達の目論見書を証券取引委員会(SEC)に提出しました。 3段落, 340文字

他と違って血球減少等の血液毒性が生じ難いALX Oncology社のCD47阻害剤ALX148の2つの用途開発が米国FDAの重病治療開発優遇・Fast Track(優先承認審査)対象になりました。 3段落, 269文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク