Amgen/Allergan Avastin(bevacizumab) 後発品が欧州で承認された
 ・ タイトルの製品名の重大な誤解を訂正しました(Herceptin→Avastin)
創薬の生産性改善に向けて取り組むべき課題5つを英国Catapultが報告
 ・ 誤記を訂正しました(扱うためあの→扱うための)
Caladrius 1型糖尿病患者へのTreg製品のプラセボ対象Ph2試験治療開始
 ・ タイトルの誤記を訂正しました(Trge→Treg)
81664件の記事が見つかりました。
81664 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

17の観察試験をまとめて解析したところ、B型肝炎ウイルス(HBV)とC型肝炎ウイルス(HCV)両方の慢性感染患者のHCV感染をLedipasvir/Sofosbuvir などのウイルス直撃薬(DAA)でインターフェロンを使わず治療した場合に約4人に1人(24%)はHBV再活性化を被り、約10人に人1人(9%)はHBV再活性化関連肝炎を呈しました。 3段落, 328文字

無駄/不要な医療を減らす取り組みChoosing Wiselyの一環として、良性の乳房疾患に施すべきでない検査や治療5つ(以下)を米国乳房外科医会(American Society of Breast Surgeons)が示しました。 6段落, 312文字

プラセボ対照無作為化試験の結果、人工呼吸を要する敗血症性ショック患者へのグルココルチコイド(ヒドロコルチゾン 200 mg/日)静注は死亡率低下をもたらしませんでした(90日時点死亡率はプラセボ群とほぼ同じ約28%、P=0.50)。 2段落, 188文字

血漿炎症指標・IL-6、C反応性タンパク質(CRP)、TNF受容体1B群(TNFRSF1B)濃度上昇と関連する加工肉、精製穀物、トマト等の食品をよく摂る人ほど結腸直腸癌を生じやすいことが示されました。 2段落, 167文字

運転を害するアルコール血中濃度(BAC)の下限を0.08%から0.05%に引き下げることを米国科学/技術/医学推進組織(The National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine)が求めています。 3段落, 218文字

妊娠がありうる年齢(15-44歳)の女性のADHD(注意欠如・多動症)薬使用が米国で増えています。 3段落, 180文字

Teva PharmaceuticalのIL-5遮断抗体reslizumab皮下注射で重度好酸球性喘息を治療した第3相試験が主要目標に至りませんでした。 2段落, 136文字

サイトカイン放出症候群や神経毒性が生じないようにT細胞を程よく活性化して腫瘍細胞破壊へと仕向けるT細胞受容体(TCR)技術ARTEMISとCD19結合剤を組み合わせたET190L1-ARTEMIS製品によるCD19陽性非ホジキンリンパ腫治療の開発資金6000万ドルをEureka Therapeutics社が調達しました。 2段落, 229文字

Genmabの抗CD38抗体Daratumumab(DARZALEX)による多発性骨髄腫初治療の承認申請が米国FDAに医薬品優先審査(priority review)されます。 2段落, 107文字

Celgeneと組んで開発した急性骨髄性白血病(AML)薬IDHIFA<2型イソクエン酸脱水素酵素(IDH2)阻害剤>の米国FDA承認を昨夏にものにして、去年12月には1型IDH(IDH1)阻害剤ivosidenibを米国FDAに承認申請したAgios Pharmaceuticals社が4億7500万ドル($475 million)のIPO調達目論見書をアメリカ証券取引委員会(SEC)に提出しました。 3段落, 327文字

中国のBeiGene社が人気を背景にして公募で8億ドル($800 Million)を調達しました。 2段落, 143文字

Gタンパク質共役受容体(GPCR)のヘテロダイマー形成を初めて示したチームをかつて率い、10年以上前にGPCR標的薬会社Heptares Therapeuticsを設立し、同社が2015年にSosei(そーせい)に買われてからは最高科学責任者に就いてその科学基盤を築いたFiona Marshall氏が次に手がけるのはMerck & Coが2020年開設する英国ロンドンの新規創薬拠点の舵取りです。 2段落, 264文字

BioCryst PharmaceuticalsとIdera Pharmaceuticalsが事業統合し、会社名を改め、遺伝性血管浮腫(HAE)等の稀な病気の治療の開発により専念します。 2段落, 182文字

Braeburn Pharmaceuticalsのオピオイド依存治療ブプレノルフィン週1回/月1回注射デポ剤CAM2038が米国FDA承認を逃しました。 4段落, 330文字

米国外の慢性リンパ性白血病(CLL)患者へのCD20標的抗体Arzerra(ofatumumab)販売が同剤を現在使用中で効果が得られている患者へのお情け提供(compassionate use)に限定されるとNovartisが発表しました。 5段落, 271文字

米経済紙WSJが報じた買収協議中との噂は本当だったらしく、癌を認識して壊すように生来の免疫細胞を仕向けるCAR-T治療企業Juno TherapeuticsをCelgeneがおよそ90億ドルで買います。 6段落, 603文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク