Merck & Co Keytrudaの腎癌初治療が早々とFDAに承認された
 ・ 【重大な間違いの訂正】KeytrudaとすべきところをOpdivoとしていた誤表記を訂正しました。
BCMA CAR-TのPoseida社がNovartisからの7500万ドルを含む1億4200万ドル調達
 ・ Ph2試験は既に患者組み入れ中であり、今年前半に患者組み入れが始まるのではなく投与が始まる旨訂正しました。
NovartisのSMA遺伝子治療で2人死亡〜欧州試験での1例は治療と恐らく関連あり
 ・ 関連ニュースを追加しました。
86467件の記事が見つかりました。
86467 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

全身麻酔下で扁桃摘出手術を受ける小児およそ480人参加のプラセボ対照無作為化試験の結果、手術のおよそ20分前のアルブテロール吸引で呼吸器の有害事象が減りました。 3段落, 167文字

太り過ぎか肥満で糖尿病前駆段階(前糖尿病)患者3234人が参加した無作為化試験とその後の長期追跡の結果、メトホルミン使用を続けると体重減少がより長続きするようです。 3段落, 254文字

中国のMaxinovel Pharmaceuticals社の経口PD-L1阻害剤の腫瘍増殖阻害作用がAstraZeneca(アストラゼネカ)の抗PD-L1抗体Imfinzi(Durvalumab)に引けを取らないことがマウス実験で示されました。 2段落, 149文字

再発/治療抵抗性(r/r)多発性骨髄腫を治療するBCMA標的CAR-T・P-BCMA-101の承認申請前最終試験(Ph2試験)の患者組み入れ中のPoseida TherapeuticsがIPO計画を取り下げ、Novartisからの7500万ドルを主とする1億4200万ドル($142 million)を調達しました。 4段落, 395文字

Avidity Biosciencesが2000万ドル持参のEli Lillyと協力してオリゴヌクレオチド連結抗体薬(AOC)を開発します。 2段落, 94文字

箱の用量表示が間違っているフェンタニル貼り薬をAlvogenが回収しています。 2段落, 150文字

発癌性と目されるニトロソアミン物質・NMBA混入がFDA許容範囲を超えている降圧剤ロサルタン錠をインドのTorrent Pharmaceuticals社が米国で回収しています。 2段落, 130文字

Merck & Coの抗PD-1薬Keytruda(pembrolizumab)の新たな用途が審査締切まで2か月を残して早々と米国FDAに承認され、Bristol-Myers Squibb(BMS)のOpdivo(nivolumab)が先を越した腎細胞癌(RCC)初治療市場にOpdivoをどうやら上回る有効性データを携えて進出します。 4段落, 655文字

米国での研究成果を中国が盗もうとしているとの懸念を受け、テキサス州ヒューストンの世界一有名な癌研究センターMD Anderson Cancer Centerが中国人科学者3人を解雇しています。 3段落, 247文字

皮膚表面のすぐ下にある脳神経・三叉神経を額に貼った電極からの電気信号で刺激するNeuroSigma社のADHD(注意欠如・多動症)治療装置Monarch external Trigeminal Nerve Stimulation (eTNS) Systemを米国FDAが承認しました。 4段落, 310文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク