再発リンパ腫患者の半数超が抗CD19改良CAR-Tで重度CRS無縁の完全寛解達成
 ・ 関連ニュースを追加しました。
今やバイオテックが開発の多くを自ら手がけ、大製薬会社に頼らず発売する
 ・ 関連ニュースを追加しました。
中国で2番目となる中国育ちの抗PD-1薬の承認をInnovent/Lillyが手にした
 ・ 病名の勘違いを訂正しました(非ホジキンリンパ腫→ホジキンリンパ腫)
86492件の記事が見つかりました。
86492 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

米国の手術患者8万人近くを調べた結果、手術後のより長期(24時間以上)の抗生剤使用は手術部位感染(SSI)の一層の減少には至らず、むしろ有害で急性腎障害(AKI)やクロストリジウムディフィシル感染症(CDI)を生じ易くします。 2段落, 151文字

今年の米国はしか(麻疹)患者数が2000年の同国での撲滅宣言以降最多数を記録しました。 3段落, 165文字

脂肪細胞のオートファジー促進蛋白質p62は腫瘍抑制作用を担い、その欠損はオステオポンチン分泌増加に伴う腫瘍細胞の脂肪酸酸化増加と浸潤をもたらすことが前立腺癌を模すマウスの実験で示されました。 2段落, 145文字

発売初年の去年に売り上げが早くも10億ドル(7億8400万ポンド)に達して需要に供給が追いついていない帯状疱疹ワクチンShingrix等に必要なワクチンアジュバント成分をより製造できるように米国モンタナ州ハミルトン製造拠点をGlaxoSmithKline(GSK)が1億ドルを投じて拡張します。 2段落, 196文字

中国の研究者He Jiankui氏がやがて出産まで至るヒト胚を所属大学に無断で遺伝子編集したことを受け、米国の遺伝子/細胞治療学会・American Society of Gene & Cell Therapy (ASGCT) の経営陣や元リーダー等62人がヒト生殖細胞の遺伝子編集をどの国でも停止するように協力すべきとの手紙を米国政府に送りました。 2段落, 236文字

マラリア感染がそこそこ〜かなり多い地域の乳幼児へのGlaxoSmithKline(GSK)のマラリアワクチンRTS,S接種の取り組みがまずアフリカのマラウィで始まりました。 3段落, 183文字

NovartisのSandoz事業部の一層の自主独立を目指す再編に付き合いきれず辞めたRichard Francis氏の後任の同事業CEOにGlaxoSmithKline(GSK)の古参薬/デジタル技術長・Richard Saynor氏が8月1日までに就任します。 2段落, 218文字

昨年売り上げおよそ200億ドル(199億3600万ドル)のHumira(adalimumab)が2013年に安価な類似品との競争に直面する前にその後釜を揃えたいAbbVieの乾癬薬SKYRIZI(risankizumab)が日本とカナダに続いて米国でも承認されました。 3段落, 270文字

昨秋の合意でJ&Jが権利を手にしたB型肝炎ウイルス(HBV)感染治療RNA干渉(RNAi)薬JNJ-3989(ARO-HBV)とJ&J指名の秘密の成分2つの3成分投与がPh1/2試験(AROHBV1001)で始まり、その試験を実施しているArrowhead Pharmaceuticals社は達成報奨金2500万ドルを獲得します。 2段落, 213文字

イリノイ大学シカゴ校(UIC)が生み出した治療を早く販売に漕ぎ着けるようにする会社West Loop Innovations, LLCを医療投資会社Deerfield ManagementがUICと共に設立しました。 2段落, 171文字

アルツハイマー病治療の前途が先月途絶えたBiogenの抗Aβ抗体aducanumabのアルツハイマー病予防の開発も幕引きとなりました。 2段落, 123文字

IQVIAのまとめによると、2018年までの10年間に承認されたアルツハイマー病薬はNamzaricの1つだけで、86の開発品が中止されました。 4段落, 291文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク