94838件の記事が見つかりました。
94838 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

γセクレターゼの阻害ではなくアロステリック調節剤でAβ42を安全に減らしてその蓄積を防いだり解消しうることがラットやサルの実験で示されました。 2段落, 121文字

SteadyMed社を買って手に入れた肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療トレプロスチニル皮下投与製品Trevyent (treprostinil) の開発をUnited Therapeutics社が中止しました。 3段落, 257文字

患者毎にいちいち作製する必要のない出来合い(off-the-shelf)のキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)による癌治療を開発しているCaribou Biosciences社が1億1500万ドルを調達しました。 3段落, 338文字

Moderna(モデルナ)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防ワクチンmRNA-1273を接種した12人に接種後すぐではなく数日(4日〜11日)経ってから生じた皮膚病変が報告されました。 6段落, 380文字

無作為化試験ATTIREの結果、血清のアルブミン濃度が30 g/L未満の非代償性肝硬変入院患者にアルブミンを投与しても感染、腎不全、死亡は減りませんでした。 3段落, 148文字

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療を見つけるための唯一の国際的な試験Solidarityが立ち行かなくなっています。 2段落, 147文字

去年11月に英国イングランド南東で頭をもたげて今や定番化している新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)変異株VOC 202012/01(B.1.1.7)がそれ以前の面々に比べて感染の移りやすさが43〜90%高いと推定した成果が論文報告されました。 2段落, 198文字

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)スパイク蛋白質の受容体結合領域(RBD)とヒト細胞のACE2受容体の相互作用がSARS-CoV-2の細胞侵入を促進しますが、血液型抗原などの他分子とRBDの相互作用もSARS-CoV-2感染に寄与しているかもしれません。 3段落, 303文字

神秘体験をもたらすサイロシビン(シロシビン;psilocybin)やイボガイン(ibogaine)などの昔なじみの幻覚成分の医学応用やその他の精神疾患薬の開発を手掛けるatai Life Sciences社が更に1億ドル超えの資金を手にします。 3段落, 296文字

筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者やその家族などが注目しているBrainStorm Cell Therapeutics社の幹細胞製品NurOwnに目当ての効果はないと米国FDAが発表しました。 3段落, 188文字

6歳以上のADHD(注意欠如・多動症)患者を治療するKemPharm社の1日1回経口服用デクスメチルフェニデート(d-MPH)カプセル剤Azstarys(アズスタリス;serdexmethylphenidate/dexmethylphenidate)が米国FDAに承認されました。 5段落, 369文字

Iktos社の人工知能(AI)技術がPfizer(ファイザー)の低分子薬設計を手伝います。 2段落, 89文字

米国政府主催Ph3試験ACTIV-3の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)入院患者へのVir BiotechnologyとGlaxoSmithKline(GSK)の抗体VIR-7831 (GSK4182136) の効果のほどが疑問視され、同剤投与群への患者組み入れが中止されます。 2段落, 207文字

頭髪の半分以上が抜け落ちた重症の円形脱毛症(AA)患者へのEli Lilly/IncyteのJAK阻害剤Olumiant(オルミエント;Baricitinib、バリシチニブ)の第3相試験BRAVE-AA2が目標に至りました。 3段落, 149文字

去年12月のアンジェルマン症候群薬OV101(gaboxadol、ガボキサドール)の第3相試験失敗で沈んだOvid Therapeutics社に武田薬品が救いの手を差し伸べ、Ph3試験に進むてんかん薬Soticlestat(ソチクレスタット;TAK-935/OV935)をひとまずおよそ2億ドル近く(1億9600万ドル)を払って手に入れます。 3段落, 373文字

南米ブラジルのマナウスで去年の11月に見つかった新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)変異株P.1はスパイク蛋白質変異3つのおかげでヒト細胞受容体ACE2により結合でき、P.1以外のSARS-CoV-2より2倍ほど(1.4〜2.2倍)伝播しやすく、先立つ流行でSARS-CoV-2感染(COVID-19)を経ている人の25%〜61%に感染しうると推定されました。 2段落, 277文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク