MylanがCopaxone後発品を60%も値下げ〜Tevaは顧客の要求に応じたほうが良い
 ・ 勘違いを訂正しました(1,800ドルから5,000ドル→5,000ドルから1,800ドル)
標高3000m超に住んでいた最古の凍結ミイラ男性の食事は極端に高脂肪食だった
 ・ 3段落目を追記しました。
Zogenix 低用量フェンフルラミン薬でドラベ症候群患者の発作が有意に減少/Ph3
 ・ 関連ニュースのタイトルがURLになっていたのを訂正しました。
83756件の記事が見つかりました。
83756 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

無作為化試験(PARAMEDIC2)の結果、院外心停止(OHCA)患者の病院到着までに救急隊がアドレナリンを投与することは30日時点生存率をプラセボに比べて若干向上させましたが(3.2% vs 2.4%)、生存患者は重度の身体障害(修正ランキンスケールが4または5)をより被りました。 2段落, 237文字

無作為化試験一式をまとめて解析した結果、オメガ3脂肪酸補給で心疾患、脳卒中、死亡は減らないことが裏付けられています。 2段落, 95文字

クレブス回路酵素の変異と関連する稀な癌2つ・HLRCC(hereditary leiomyomatosis and renal cell cancer)とSDH PGL/PCC(succinate dehydrogenase-related hereditary paraganglioma and pheochromocytoma)で溜まる2つの代謝物・フマル酸やコハク酸は相同組換え(HR)DNA修復経路を抑制する働きがあり、ゆえにそれらの癌細胞はAstraZenecaのLynparza(olaparib)やTESAROのZejula(NIRAPARIB)などのPARP阻害剤で死にやすいことが示されました。 3段落, 413文字

肥満/太り過ぎの12,000人が参加した二重盲検試験(CAMELLIA-TIMI 61)の結果、エーザイの抗肥満薬BELVIQ(lorcaserin)は心血管有害事態(MACE)をプラセボに比べて増やさないことは示されたものの、MACEに他幾つかを加えた心血管転帰一揃え(MACE+)の予防効果は認められませんでした。 3段落, 245文字

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)のCAR-T・Kymriah(tisagenlecleucel)治療の製造で細胞の均一性にちょっとした問題が生じていることをNovartisが2Q決算発表で明かしました。 3段落, 238文字

脳に染み入って神経保護しうる持効GLP1受容体刺激薬NLY01によるパーキンソン病治療を開発しているNeuraly社が3600万ドルを調達しました。 4段落, 226文字

欧州連合(EU)離脱後も英国は欧州医薬品庁(EMA)との連携を維持すべきと同国議会が判断しました。 2段落, 116文字

J&Jの1日1回1錠服用の4成分HIV薬Symtuza (darunavir / cobicistat / emtricitabine / tenofovir alafenamide) が米国FDAに承認されました。 3段落, 270文字

Ph1b結果に基づき、Rocheの抗PD-L1抗体TECENTRIQ(Atezolizumab)とAvastin(bevacizumab)併用による肝細胞癌(HCC)初治療の開発が米国FDAの画期性優遇(Breakthrough Therapy Designation)の対象になりました。 2段落, 231文字

抗真菌薬から手を引いてチロシン脱リン酸化酵素・SHP2阻害抗癌剤開発へと最近舵を大きく切ったREVOLUTION MedicinesにSanofiが頭金5000万ドルを払い、そのプログラム由来製品の販売権利を手に入れます。 4段落, 304文字

2017年から始まった提携の下で武田薬品とOvid TherapeuticsがNMDA伝達調節薬TAK-935/OV935の3試験を新たに開始します。 2段落, 215文字

Sandoz/Novartis, Biogen, Mersana, Avila, Celgeneを経て2015年にArrakis Therapeutics社を設立したRuss Petter氏は長年の友人で同社のCEOを務めるMichael(Mike) Gilman氏に自身がそれまで振る舞ってきたのとは異なる性であることをこの春に告げ、すると同社は早速Petter氏のような性転換に対応できるように社内規定や保険を変え、Petter氏が新たな性と新たな名前・Jennifer Petterとしてやっていくことを経営陣や社員にうまく伝えました。 3段落, 418文字

過去に2度の問題があったインド工場の問題を米国FDAが再び指摘し、Pfizerが再び同工場での生産を停止しました。 3段落, 138文字

Spero Therapeutics社の抗生剤SPR994(カルバペネム抗生物質tebipenemの経口剤)による複雑性尿路感染症(cUTI)治療や炭疽菌などの生物兵器による感染症の治療の開発に米国政府が最大で5420万ドルを提供します。 3段落, 194文字

Pfizer/Eli LillyのNGF阻害剤tanezumab皮下注射で変形性関節症(OA)の痛みを治療したプラセボ対照Ph3試験(A4091056)が3つの主要目標すべてを達成し、他の治療の効果が不十分/不向きな痛みへのオピオイドに代わる薬剤としての承認に向けて一歩前進しました。 5段落, 473文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク