MylanがCopaxone後発品を60%も値下げ〜Tevaは顧客の要求に応じたほうが良い
 ・ 勘違いを訂正しました(1,800ドルから5,000ドル→5,000ドルから1,800ドル)
標高3000m超に住んでいた最古の凍結ミイラ男性の食事は極端に高脂肪食だった
 ・ 3段落目を追記しました。
Zogenix 低用量フェンフルラミン薬でドラベ症候群患者の発作が有意に減少/Ph3
 ・ 関連ニュースのタイトルがURLになっていたのを訂正しました。
[ 医学ニュース ]で検索した結果 38748件の記事を検出しました。
38748 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

CRISPR-Cas9ゲノム編集によるDNA二本鎖切断(DSB)の修復はおよそ5つに1つの細胞に招かれざる大規模欠損や再編をもたらしうることが示されました。 3段落, 291文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク