COVID-19ワクチン1回目接種後の全身性有害事象の8割方はプラセボ効果による
 ・ 関連ニュースを追加しました。
ダウン症の神経前駆細胞の不調が抗老化薬ダサチニブとケルセチンで緩和
 ・ タイプミスを訂正しました(大目に見て→大目に見ても)
COVID-19流行に伴って英国イングランド小児のその他の感染症入院が激減
 ・ 去年3月から→一昨年2020年3月から に訂正しました。
[ 医学ニュース ]で検索した結果 45534件の記事を検出しました。
45534 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

Nグリカンが多い癌にキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)は効き難く、Nグリカンの合成を阻害する2DGは腫瘍細胞を覆うNグリカンをどけてマウス膵癌へのCAR-T効果を高めました。 2段落, 138文字

封入体筋炎(IBM)を模すマウスのT細胞を枯らしたところ炎症は減ったものの有毒な細胞内TDP-43蛋白質蓄積や筋肉変性は減りませんでした。 2段落, 138文字

心不全の主因の一つである拡張型心筋症(DCM)がBAG5遺伝子機能損失変異で生じうることが示されました。 3段落, 163文字

2つの研究によると、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)オミクロン株感染がかくも手際よく広まるのはより増えれるからではなく免疫をより巧みに交わせることによるようです。 4段落, 294文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。