2017年の米国の出生数は2016年に比べて2%少ないおよそ385万人
 ・ 誤解を訂正しました(38万人→385万人)
軽度喘息患者のSymbicort頓服の重度悪化率はブデソニド毎日使用に劣らず
 ・ 参考文献を追加し、2つの試験で同様な結果が得られている旨追記しました。
心房細動が解消しても脳卒中/一過性脳虚血発作は依然として生じやすい
 ・ 関連ニュースを追加しました。
[ 医学ニュース ]で検索した結果 38449件の記事を検出しました。
38449 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

オピオイド使用経験のない女性の帝王切開後のオピオイド使用で300人あたり1人がオピオイドをやめられなくなる恐れがあることを背景にして、出産後間もない女性の痛み管理方針を米国産科婦人科学会(ACOG)が示しました。 6段落, 401文字

コンゴ民主共和国でのエボラウイルス疾患(EVD)流行は国際的緊急事態(international emergency)には至っていないと世界保健機関(WHO)が判断しました。 2段落, 162文字

下気道感染症が疑われる救急科(ED)患者が参加した米国14病院での無作為化試験の結果、ウイルス感染に比べて細菌感染でより増えるペプチド・プロカルシトニン検査結果を入手した上での治療は想定に反して抗生剤使用の減少をもたらしませんでした。 5段落, 384文字

尾の電気刺激を経験して警戒を強める長期記憶を備えたアメフラシのRNAをそういう経験がない別のアメフラシに注射することで長期記憶を移すことができました。 4段落, 241文字

紫外線を浴びると脳の運動皮質や海馬でのグルタミン酸(GLU)生成/放出を促してマウスの動作学習や記憶の改善をもたらしうるウロカニン酸(UCA)が血中や脳内で増えることが示されました。 3段落, 201文字

ニュージーランドでの無作為化試験の結果、糖尿病管理に必要な振る舞いを促して続けさせる短文通知(short messaging service、SMS)の取り組み・SMS4BGで血糖制御指標HbA1cがより改善しました。 2段落, 185文字

より太りやすくする遺伝子情報を有する人は喫煙者にもなりやすいことが示されました。 2段落, 180文字

米国の糖尿病成人の数は1980年代後半から2010年代前半に620万人から2110万人へと3倍以上増えましたが、その死亡率は主に血管疾患による死亡の減少のおかげで10年あたり20%低下しました(糖尿病でない人は10年あたり11%低下)、 2段落, 198文字

心臓手術患者60人を調べたところ、術後12時間のマクロファージ遊走阻止因子(MIF)血清濃度がより高いことと急性腎障害(AKI)リスク低下が関連しました。 2段落, 162文字

プラセボ対照無作為化試験(TICH-2)の結果、脳出血による脳卒中発症から8時間以内に止血剤トラネキサム酸を投与開始しても90日時点の身体機能はプラセボと有意差がありませんでした。 2段落, 130文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク