重度喘息患者の半数超がBenralizumabで経口ステロイドが不要になった/Ph3試験
 ・ 関連ニュースを追加しました。
J&J 年間売り上げ10億ドルを超えうる11の薬剤を今後5年間に承認申請予定
 ・ タイプミスを訂正しました(2011年までに、、、→2021年までに、、、)
Pfizer 次世代ALK/ROS1阻害剤による肺癌治療の開発がFDAの支援制度指定獲得
 ・ タイプミスを訂正しました(病治療→重病治療)
利用規約

この規約は、BioToday.com上で提供されるコンテンツ(BioToday.comコンテンツ)の利用に係わる全ての事項に適用されます。

  • 第1条
  • BioToday.comコンテンツの内容、著作権
  • BioToday.comコンテンツの情報内容は、BioTodayがその時点で提供可能なものとします。
  • BioTodayは、BioToday.comコンテンツのすべての内容について、著作権、その他の一切の権利を有します。
  • お客様はBioTodayの承諾なしにBioToday.comコンテンツの掲載情報を販売できません。

  • 第2条
  • BioToday.comコンテンツの一時的な中断
  • BioTodayは次のような場合、事前の通知なく、一時的にBioToday.comコンテンツの運営を中断することがあります。
    • 1.BioToday.comコンテンツのシステムの保守を行う場合
    • 2.火災、停電、地震・噴火・洪水・津波などの天災、戦争・変乱・暴動・騒乱・労働争議などの社会情勢の変化などによりBioToday.comコンテンツの提供ができなくなった場合
  • その他、運用上、技術上の事由でBioToday.comコンテンツの一時的な中断を必要と判断した場合

  • 第3条
  • BioToday.comコンテンツ運営の中止
  • 次のような場合にBioTodayはBioToday.comコンテンツの運営を中止することがあります。
    • 1.長期の停電、火災、天災など、不可抗力に起因する場合
    • 2.その他、BioToday.comコンテンツ執筆者の健康上の問題、営業上・技術上の理由などでBioTodayが必要と判断した場合

  • 第4条
  • BioTodayは、BioToday.comコンテンツの利用・中断により発生したお客様の損害の全てに対していかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。
  • お客様がBioToday.comコンテンツの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、お客様は自己の責任と費用をもって解決し、BioTodayに損害を与えることのないものとします。
  • お客様がこの規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によってBioTodayに損害を与えた場合、BioTodayは相応の損害賠償の請求を行うことができるものとします。

特定商取引法に基づく表示
販売者:
有限会社 バイオトゥデイ
運営責任者:
清宮正人
所在地:
〒670-0965 姫路市東延末3-56
E-MAIL:
biotoday@biotoday.com
取扱商品:
BioToday.comコンテンツ、PDF形式のレポート
価格:
商品毎に表示
商品の引渡し時期:
入金確認後
契約期間:
1年
お支払方法:
クレジットカード、銀行振り込み
価格や送料以外の付帯的費用:
なし
カード取扱時:
年次課金条件
途中解約:
購読の途中解約による返金はしません。記事の内容はFreeと記載してある記事を参照ください。