Gilead 大細胞型B細胞リンパ腫のCAR-T治療YescartaがFDAに承認された
 ・ 関連ニュースを追加しました。
肥満薬のOrexigen社が身売りを含む処し方の検討をしている
 ・ 関連ニュースを追加しました。また、買い手が見つかる可能性について追記しました。
Boston Scientific 心房細動の新しいアブレーション治療開発会社を取得
 ・ 誤記を訂正しました(心房細胞→心房細動)
80671件の記事が見つかりました。
80671 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

乳児のジカウイルス(ZIKV)感染の診断や治療方針をアメリカ疾病管理センター(CDC)が改めました。 6段落, 362文字

米国の保険未加入者の数をかつてないほどに少なくした前政権医療政策(Affordable Care Act;オバマケア)が始まってから1年間に癌診断患者の保険未加入率は1/3低下しました。 2段落, 168文字

信頼に足る疫学試験結果をまとめて解析したところ高所得国では今や200〜300人に1人が炎症性腸疾患(IBD、クローン病と潰瘍性大腸炎)を患います。 2段落, 137文字

ホジキンリンパ腫患者へのeBEACOPP標準化学療法(bleomycin, etoposide, doxorubicin, cyclophosphamide, vincristine, procarbazine, prednisone)2巡目後のPET検査(PET-2)陰性でその後のeBEACOPP投与を2巡(合計4巡)で済ませた場合の無増悪生存(PFS)率は4巡(合計6巡)や6巡(合計8巡)続けた場合に引けを取らず(5年間PFS率は4巡では92%、6/8巡では91%)、重度感染症や臓器毒性がより少ないことが示されました。 2段落, 312文字

Pfizerの経口JAK阻害剤tofacitinib(トファシチニブ)の乾癬性関節炎治療がプラセボを上回り、TNF阻害剤adalimumab(アダリムマブ)と同様の症状改善や関節損傷進行抑制効果を示した第3相試験結果が論文報告されました。 2段落, 164文字

ジカウイルス(ZIKV)感染がギランバレー症候群(GBS)のリスク因子であることを裏付ける結果が報告されました。 2段落, 132文字

レトロスペクティブ試験の結果、赤血球輸血男性は、男性からの輸血に比べて妊娠経験がある女性からの輸血後の方が死にやすいことが示されました。 2段落, 112文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク