GlaxoSmithKlineの帯状疱疹ワクチンを米国FDA承認〜Agenusのアジュバント含有
 ・ 関連ニュースを追加しました。
Gilead 大細胞型B細胞リンパ腫のCAR-T治療YescartaがFDAに承認された
 ・ 関連ニュースを追加しました。
肥満薬のOrexigen社が身売りを含む処し方の検討をしている
 ・ 関連ニュースを追加しました。また、買い手が見つかる可能性について追記しました。
80688件の記事が見つかりました。
80688 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

米国のどこでも薬物過剰摂取による死亡率は上昇していて、特に田舎での上昇は著しく、いまや都市部を上回ります(10万人あたり17人 vs 16人)。 2段落, 137文字

母乳で育つ乳児の腸で多勢となるプロピオン酸菌(Propionibacterium)の一種P. UF1が表面蛋白質DlaTを介してTh17細胞を誘導して腸の免疫を強くして壊死性腸炎を封じうることがマウス実験で示されました。 2段落, 157文字

膜貫通蛋白質STINGはチロシンキナーゼALKによって活性化し、その繋がりを断つALK阻害剤で敗血症を治療しうることが示されました。 3段落, 151文字

インスリン製品の薬価抑制を背景にして今年中におよそ3500職を削減するかたわらでEli Lillyは7200万ドルを投じてインディアナポリスのインスリン工場バイアル充填設備を新しくします。 2段落, 138文字

PBD(pyrrolobenzodiazepine)ダイマー細胞毒付き抗体薬(ADC)による癌治療を開発しているスイスのADC Therapeutics社が私募で2億ドルも調達しました。 2段落, 154文字

Googleやゲイツ財団(Bill & Melinda Gates Foundation)が支援する抗感染症抗体開発会社Arsanis社が最大5750万ドルのIPO調達計画をアメリカ証券取引委員会(SEC)に申請しました。 2段落, 204文字

たいてい吝い英国公的医療決定機関NICEがGlaxoSmithKline社の世界最高額の治療製品の一つStimuvaxの使用を支持しました。 2段落, 184文字

炎症性腸疾患(IBD)を治療する培養細菌一揃え製品FIN-524の開発や販売権利を武田薬品に付与したFinch Therapeutics社が同業者Crestovoとの合併完了を発表しました。 3段落, 223文字

A型インフルエンザウイルスに比べて研究が乏しくて治療法を欠くB型インフルエンザウイルスを手広く封じるキメラ抗体C12G6が作られました。 3段落, 173文字

より安定で半減期が長くなるようにしたTGF-β様蛋白質・GDF15(別名MIC-1)が肥満のマウス/ラット/サルの体重を減らすことが示されました。 2段落, 133文字

漢方薬で使われるウマノスズクサ属植物に含まれていて泌尿器癌と関連する発癌成分・アリストロキン酸(AA)が肝細胞癌(HCC)とも関連することを裏付けるデータが報告されました。 3段落, 169文字

スマートフォンとブルートゥース(Bluetooth)無線接続を介して連携するAbbottの体内埋め込み不整脈検出装置Confirm Rxが米国FDAに承認されました。 2段落, 123文字

BRAF V600変異を有する病期3黒色腫完全切除患者へのNovartis社2剤・Tafinlar(dabrafenib)+MEKINIST (trametinib) 投与の開発が米国FDAの優待制度・画期的治療(Breakthrough Therapy)の対象になりました。 2段落, 264文字

フランスのパリのDBV Technologies社のピーナツアレルギーワクチンVIASKIN Peanutの第3相試験が目標を達成できませんでした。 3段落, 248文字

ヘモグロビン酸素親和性向上薬GBT440による特発性肺線維症(IPF)治療の開発中止をカリフォルニアのバイオテックGlobal Blood Therapeutics(GBT)社が発表しました。 3段落, 229文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク