FOXP2遺伝子変異が人により広まって言語発達を導いたという通説が否定された
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(認められず筈の→認められる筈の)
競争がない後発品の開発と承認審査を早めるFDA制度対象薬が初めて承認された
 ・ 関連ニュースを追加しました。
Novartis 片頭痛予防薬Aimovigが欧州で承認された
 ・ 関連ニュースを追加しました。
84067件の記事が見つかりました。
84067 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

大腸内視鏡検査と同時進行の人工知能(AI)技術利用診断により、大腸癌リスクを下げるのに切除する必要のない小さな大腸ポリープをかなり確実に識別しうることが示されました。 3段落, 186文字

米国産科婦人科学会(ACOG)が率い、米国政府が支援する取り組みWomen's Preventive Services Initiative(WPSI)が、全ての女性は年1回の尿失禁検診が必要との見解を示しました。 4段落, 322文字

無作為化試験の結果、宿る胎児が21番染色体過剰(トリソミー21)である恐れが大きい妊婦の侵襲検査(羊水穿刺か絨毛採取)の前に循環DNA(cfDNA)検査をしても流産率は低下しませんでした。 2段落, 165文字

無作為化試験の結果、降圧薬3種・テルミサルタン、アムロジピン、クロルタリドンを低用量(それぞれ20 mg、2.5 mg、12.5 mg)含有するカプセル剤(3成分低用量合剤)の血圧目標達成率がいつもの治療を上回りました。 3段落, 226文字

10-35歳のデンマーク人740万人のデータを調べたところ、外傷性脳損傷(TBI)を被るとおよそ2倍自殺しやすくなることが示されました。 2段落, 127文字

大豆を侵す寄生線虫・ダイズシストセンチュウ(H. glycines)は不動期への移行時にGABAを減らして神経筋を捨て去り、再び動くようになる成体期へと移るときにはGABA増加と共に神経筋を再構築することが示されました。 2段落, 170文字

デューク大学を巣立った抗うつ薬開発会社Evecxia社の舵取りにCerecor社の元暫定CEO・John Kaiser氏が任命されました。 3段落, 304文字

Foundation Medicineの元社長/COO・Steve Kafka氏が生命科学企業醸成所Third Rock Ventureに加わりました。 2段落, 120文字

変形性膝/股関節症患者へのTeva PharmaceuticalとRegeneron Pharmaceuticalsの抗NGF抗体fasinumabの第3相試験は有効性目標・痛み緩和と身体機能改善には至ったものの、案の定、切っても切れない安全性懸念・関節損傷(arthropathy)がプラセボ補正でおよそ2%の患者に認められました。 4段落, 408文字

成人や体重およそ15kg超の小児のアナフィラキシーを含むアレルギー反応の応急治療アドレナリン注射薬EpiPen/EpiPen Jrの後発品を米国FDAが初めて承認しました。 3段落, 186文字

エーザイ(Eisai)/Merckのキナーゼ阻害剤Lenvima(lenvatinib)による切除不能肝細胞癌(HCC)初治療が米国FDAに承認されました。 4段落, 331文字

総額200億ドル超を昨年稼いだ抗癌剤3つ・Rituxan(rituximab)、Herceptin(trastuzumab)、Avastin(bevacizumab)のバイオシミラーとの競争を控えるRoche子会社Genentechのサウスサンフランシスコ市拠点の従業員223人の解雇が明らかになりました。 4段落, 372文字

社交不安症の患者21人が参加したプラセボ対照クロスオーバー無作為化試験の結果、Biohaven Pharmaceutical社のグルタミン酸調節薬リルゾール舌下速溶錠BHV-0223を不安を催す講演(anxiety-provoking speech)の1時間前に服用することでその講演に伴う不安が有意に抑制されました。 3段落, 324文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク