ヤギも喜ぶ顔が見たい
 ・ タイトルを訂正しました。
Mereo社 不振のOncoMedとの合併を足がかりにNASDAQ上場
 ・ 薬剤名の誤記を訂正しました(eliglustat→etigilimab)
脊椎関節炎にJAK1選択的阻害剤filgotinibが効いたPh2試験2つが論文報告された
 ・ 参考文献の1つを正しいものに訂正しました(TORTUGA試験報告へのリンクを表示)。
85260件の記事が見つかりました。
85260 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

検体の細胞全体の平均ではなく細胞1つ1つの解析を可能にするDNA配列決定技術Tapestriの用途拡大や世界市場進出のための資金3000万ドルをMission Bio社が調達しました。 2段落, 156文字

低分子化合物rimiducidで活性化する仕掛けのキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)BPX-601のPh1/2試験第1部の結果、rimiducid単回投与に伴う3週間以上のBPX-601細胞持続が進行膵癌患者9人中3人、2-20倍の細胞数増加が9人中4人に認められました。 3段落, 294文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク