開発中止PCSK9阻害剤bococizumabで多くの患者が効果減弱を伴う抗体を発現
 ・ bococizumabの心血管転帰抑制効果が認められなかったとの報告も追加しました。
Biogen 遅発性脊髄性筋萎縮症をnusinersenで治療したPh3試験主要目標達成
 ・ タイトルを訂正しました。
Eli Lilly 乾癬を治療するIL-17A結合抗体IxekizumabがFDA承認された
 ・ 商品名の誤記を訂正しました(Talz→Taltz)
78640件の記事が見つかりました。
78640 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

第2相試験失敗が続いた抗癌剤開発会社OncoMed Pharmaceuticals社が従業員を半分に減らし、Celgene Corporationとの提携対象薬3つと同社独自の開発品にリソースを集約します。 3段落, 288文字

AmgenNovartisが共同開発している片頭痛予防CGRP受容体阻害薬erenumab(AMG 334)の良好な第3相試験結果を背景にし、Amgenがすっかり担当する予定だった最重要市場・米国での同剤の販売費をNovartis社もAmgenと共に負担してその見返りにAmgenから売り上げに応じたロイヤルティを得るように両社の提携が変更されました。 3段落, 287文字

抗体設計の分野で注目されている英国企業Kymabと組んで二重特異性抗体を開発している中国上海拠点の製薬会社EpimAb社が2500万ドルを調達し、来年には独自開発プログラムの最初の臨床試験を始める予定です。 3段落, 380文字

よそで安く売られているステロイドを常識外れの高値のデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)薬として米国で売ろうとして批判されまくったMarathon Pharmaceuticals社が同剤Emflaza(deflazacort)のPTC Therapeutics社への売却完了に伴いどうやら廃業に向かっているようです。 2段落, 240文字

Nasdaq上場を維持するために最近20株を1株にまとめたImmune Pharmaceuticals社のCEO・Daniel Teper氏が辞任し、子会社Cytoviaの癌研究開発/販売事業を率います。 2段落, 140文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク