AbbVieの総売上げの6割を担うHumiraが200億ドル達成ならず〜来年も無理そう
 ・ 2018年4Qの米国でのHumiraの売り上げの間違いを訂正しました(91億ドル→36億1500万ドル)
再発リンパ腫患者の半数超が抗CD19改良CAR-Tで重度CRS無縁の完全寛解達成
 ・ 関連ニュースを追加しました。
今やバイオテックが開発の多くを自ら手がけ、大製薬会社に頼らず発売する
 ・ 関連ニュースを追加しました。
86503件の記事が見つかりました。
86503 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

これまでに報告された12の無作為化試験のメタ解析によると、ピーナツアレルギーの経口免疫治療は生活の質の改善とは関連せずピーナツによるアナフィラキシー症状をより誘発します。 3段落, 185文字

米国妊婦の9人に1人(12%)が先立つ30日間に飲んだと回答しました。 3段落, 102文字

今年1月発表の第3相試験(ANNOUNCE)で生存改善が示せなかったことを受けてEli Lillyは肉腫薬Lartruvo(Olaratumab)の世界市場からの撤収を進めつつ、既に同剤を使用中で継続使用を望む患者への同剤供給の手はずを整えています。 3段落, 249文字

AbbVieの世界一売れている薬Humira(adalimumab)の全世界での売り上げが初めて減少し、欧州での安価なバイオシミラーの台頭を鑑みるにその減少は今回だけでは済まなさそうです。 3段落, 273文字

Bristol-Myers Squibb(BMS)が1Q決算発表でOpdivo/YervoyのPh2試験(CheckMate-714)失敗をさらっと明らかにしました。 2段落, 161文字

Merck & CoのKeytruda(pembrolizumab)とPfizerのInlyta(Axitinib)併用による腎癌初治療が先を行くBristol-Myers Squibb(BMS)の併用をどうやら上回る効果を携えて早々と米国FDAに承認されましたが、BMSは今後もOpdivo(nivolumab)+Yervoyの組み合わせが引き続き標準治療であり続けると確信しています。 3段落, 391文字

Gilead Sciencesの経口ASK1阻害剤selonsertibによる非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)架橋線維化(bridging fibrosis)治療第3相試験(STELLAR-3)の結果は2か月前発表のPh3試験失敗よりさらに悪いようで、試した2用量の効果はどちらも数字の上でプラセボを下回りました。 3段落, 387文字

発作の発端を見つけるのに脳内に電極を据えたてんかん患者25人が協力した試験の結果、中等〜重度うつを被っていた人の気分が眼窩前頭皮質(OFC)外側の電気刺激ですぐに良くなりました。 2段落, 119文字

てんかん治療の一環として脳の運動皮質表面に電極を一時的に備えた患者5人が協力した試験で脳波(脳信号)をコンピューターによる発声に変換することができました。 2段落, 156文字

5歳未満乳幼児の1日の過ごし方、例えば2-4歳の幼児がじっとして映像装置と過ごす時間(sedentary screen time)は1日1時間まで等の目安一覧を世界保健機関(WHO)が発表しました。 7段落, 306文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク