91385件の記事が見つかりました。
91385 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

患者が治療をどう受け止めたか(自覚効果)を調べる方法は確立していますが、いかんせんその解釈は困難でした。 3段落, 147文字

新型コロナウイルス感染(COVID-19)患者の呼吸不全の生じやすさと関連する遺伝子変異2つが見つかり、その1つは血液型を決めるゲノム領域に位置し、A型だとそうなりやすくO型は逆に予防効果がありました。 2段落, 138文字

他でもないHIV-1に備わるペプチドF9170がHIV-1粒子を不活性化し、HIV感染細胞を死なせ、HIV潜伏感染細胞を覚ますと分かりました。 4段落, 208文字

miR-126-5pと呼ばれるマイクロRNAが核内で細胞死促進酵素カスパーゼ3に直撃してその働きを阻止して動脈硬化病変が広がるのを食い止めると分かりました。 2段落, 165文字

塩基編集装置を手分けして運ぶ2つのアデノ随伴ウイルス(AAV)の内耳への投与により、TMC1遺伝子変異による難聴を模すマウスの聴力が完全にとはいかないまでも回復しました。 2段落, 122文字

急性骨髄性白血病(AML)患者370人の442の骨髄検体を調べて抗腫瘍免疫治療が効きやすいことや化学療法が太刀打ちできないことと関連する特徴が見つかりました。 2段落, 213文字

ヒトの抗体作製DNAを備えたウシが作る新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への抗体SAB-185の細胞感染阻止力が最強の回復者血漿を4倍上回りました。 4段落, 364文字

40年やってまだ1つも承認品のないInovio社が、長らくの提携会社VGXIがCOVID-19ワクチンの大量生産に必要な技術を約束に反して出し惜しんだとする訴えをおこしました。 3段落, 207文字

Merck & Coの3成分配合抗生剤RECARBRIO (imipenem, cilastatin, relebactam) による入院患者肺炎治療が米国FDAに承認されました。 3段落, 265文字

安全で有効な新型コロナウイルス感染(COVID-19)ワクチンを今年中に米国人に十分量届けることを目指す米国政府の取り組みOperation Warp Speed(OWS)が5社・Moderna、AstraZeneca、Johnson & Johnson(J&J)、Merck & Co、Pfizerの支援を決めたと米国の新聞The New York Timesが報じています。 7段落, 508文字

CSL Behringが小児医学研究で指折りのSeattle Children's Research Instituteと組んで原発性免疫不全疾患の遺伝子治療を開発します。 2段落, 230文字

白血病/リンパ腫治療として承認されているAstraZenecaの経口BTK阻害剤Calquence(カルクエンス;acalabrutinib)を酸素不十分(経鼻酸素供給または人工呼吸器使用)の重症の新型コロナウイルス感染(COVID-19)入院患者19人に10-14日間投与したところ12人は酸素レベルが正常化して部屋の空気で事足りるようになりました。 3段落, 303文字

オランダのユトレヒト大学、Erasmus Medical Center (EMC) 、Harbour BioMedの3者が見つけて先月初めにNature Communicationsに報告された新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)中和抗体47D11の前臨床開発を支援し、気が向けばその後の臨床開発や販売を独占的に担う選択権利をAbbVieが手に入れました。 2段落, 281文字

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染者と関わった人を同定するウェアラブル装置を国民570万人全員に配布することをシンガポールが計画しており、世界で最もそつがない新型コロナウイルス感染(COVID-19)追跡の取り組みになる込みです。 4段落, 354文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク