線虫のドーパミン分泌神経が老化で損なわれるのをオキアミ油が防いだ
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(損なわれるを→損なわれるのを)
Sanofiの経口薬acoziborole一回きり投与でほぼ全員のトリパノソーマ感染症治癒
 ・ acoziboroleがSanofiの薬であることがわかるようにし、欧州への申請や世界保健機関(WHO)への寄付などを追記しました。Sanofiからのニュースへのリンクも追加しました。
Novartisの経口PNH薬iptacopanは皮下注入Empaveliにおそらく少なくとも比肩
 ・ 4段落目の誤記を訂正しました(静注→皮下注入)
101233件の記事が見つかりました。
101233 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

免疫細胞の中枢神経系(CNS)への漏出を阻止するVLA-4阻害抗体natalizumab(ナタリズマブ)治療で多発性硬化症(MS)患者の血中の白血球は増え、脳脊髄液(CSF)の白血球は逆に減り、再発率が低下します。しかしナタリズマブ治療で病気の進行はおよそ食い止めることができず、CNSに住まう免疫細胞がMS進展にどうやら寄与しているようです3段落, 396文字

食道胃接合部(GEJ)癌を模す立体(3D)培養組織(オルガノイド)で血小板活性化因子(PTAF)幾つかの上昇が認められ、PTAF受容体阻害剤WEB2086(apafant、アパファント)はその増殖を抑制しました。 3段落, 263文字

アンチトロンビン(AT)欠乏症患者の末梢血単核球から拵えたiPS細胞(人工多能性幹細胞)を遺伝子編集で病因変異修正後に分化させて作った肝細胞をAT欠損マウスの脾臓に注入したところAT活性が正常化して血栓形成が減りました。 2段落, 166文字

低炭水化物で高脂肪のケトン食(ketogenic diet)が化学療法の副作用・血小板減少を緩和しうることがマウス実験で示されました。 4段落, 346文字

京都大学のMasatoshi Hagiwara(萩原正敏)氏のチームが見つけたCDC様キナーゼ(CLK)活性化剤・RECTASがスプライス-ネオ抗原(splice-neoantigen)発生を強いて抗癌免疫を増強しうることがマウス実験などで示されました。 4段落, 348文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。