Conatus Novartisとの提携NASH薬のPh2b試験3つが全滅〜処し方の検討開始
 ・ 関連ニュースを追加しました。
Merck & CoがKen Frazier氏の後任CEO探しを始めているとBloombergが報道
 ・ Frazier氏の任期の勘違いを訂正しました(去年12月→今年2019年12月)。
世界の酒量は増え続ける〜飲酒の害を減らす目標は達成できそうにない
 ・ 参考文献の1つが間違っていたのを訂正しました(Atezolizumab plus bevacizumab .... →Global alcohol exposure ....)
コメント一覧

[記事]J&J社 所定の労働時間内は全社員「禁煙」」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「JT傘下の研究施設にライフサイエンスの研究者が勤務することについて」

コメントする

m3のブログに以下のようなエントリーがありました。

http://blog.m3.com/tobaccofree/20070120/JT_

以下引用です。

『JT関連施設の方には、子どもたちの教科書の編修委員などはしてほしくないし、親会社JTがタバコを作って毎年11万人の命を奪っておきながら、「生命」とか「命」とかを語ってほしくないと思います。真の知力があるのであれば、JTの力をかりた「JT生命誌研究館館長」でなくても、生命」とか「命」を語れる所はあるのではないかな、と思います。』

心からこの考えに同意します。JTと製薬会社は完全に資本を別にすべきだと思うし、生命科学に携わる研究者はライフサイエンスに関するJT傘下の研究所などには勤めてはいけないと思う。

コメントする

「たばこ病 ⇒ 慢性閉塞性肺疾患(COPD)」

コメントする

タバコの害については、誰もがわかっているようで、実はきちんと理解されていないようにも思います。 
お時間のある方は、http://www.copd-info.net/index.html をご覧下さい。私は‥自分の前にタバコを吸いながら歩く人がいると、煙を吸いたくないので避けます。電車の隣に煙草臭い方が座ると、例え疲れていても席を立ちます。食事をするレストランは、禁煙でなければ利用しません。煙草の吸殻を平気で路上に捨てることは全く理解できません。他人を不快にさせないマナーは必要だと思います。

コメントする

2007-01-20 - 全世界規模でジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)グループは、2007年1月1日より、グループ企業のすべての職場を「禁煙」とする『職場禁煙ポリシー』を開始しました。日本国内のJ&Jグループでは、すでにオフィスビル内を禁煙としていましたが、この度正式に、商用車・J&J社主催の諸活動なども含めたすべての職場エリアでの喫煙を全面的に禁止しました。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク