コメント一覧

[記事]Gilead社 慢性B型肝炎を対象にしたVireadの2つ目の第3相試験で良好な結果が得られた」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「The Liver Meeting 2007」

コメントする

このStudy 103とStudy 102(http://www.biotoday.com/view.cfm?n=20185)の結果がAmerican Association for the Study of Liver Diseasesでも発表されています。

Gilead Announces 48-Week Data from Two Pivotal Phase III Studies Evaluating Viread(R) For the Treatment of Chronic Hepatitis B
http://www.gilead.com/pr_1071815

コメントする

2007-06-26 - 2007年6月25日、Gilead Sciences社は、B型肝炎e抗原(HBeAg)陽性慢性B型肝炎患者を対象にした抗HIV薬・Viread(tenofovir disoproxil fumarate)300 mg vs Hepsera (adefovir dipivoxil) の第3相試験(Study 103)でプライマリーエンドポイント(48週時点での完全緩解の割合)を達成したと発表しました。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク