腸微生物代謝物インドール減少がマイクロRNA・miR-181を増やして肥満を助長
 ・ タイトルも本文に倣って「インドール→インドール減少に訂正しました。
Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
コメント一覧

[記事]乳由来タンパク質抽出物の創傷治癒効果が確認された」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「体液中の抗炎症物質AIF」

コメントする

XP-828L が何者なのか、薬になるのか大変興味があります。

動物が傷口をなめて治療するように、唾液や体液に抗炎症活性があることが推定されています。この記事のように乳成分にも抗炎症物質があることも以前から推定されていました。約30年前我々が大量のウシ血清中から精製し強い抗炎症活性を見出したAIFは、フコースなどから構成される糖タンパク質で分子量が数千、水で希釈すると高分子化しμg量で強力な抗炎症活性を示しました。特許も取ったのですが結局製品にはなりませんでした。現在も不思議な物質だったなあと思っています。

Purification and characterization of anti-inflammatory factor(AIF) from bovine serum. Misaka E, Matsuda K, et al. Agent Actions 8:1347 (1978)

コメントする

「牛乳由来で間違いないようです」

コメントする

XP-828LをPubMed検索したところ以下の報告がありました。

Safety and efficacy of a milk-derived extract in the treatment of plaque psoriasis: an open-label study.
J Cutan Med Surg. 2005 Dec;9(6):271-5.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?Db=pubmed&Cmd=ShowDetailView&TermToSearch=16699908

“XP-828L is a nutraceutical compound obtained by the extraction of a growth factors-enriched protein fraction from bovine milk”ということでXP-828Lがウシの乳由来の抽出物なので、記事の「2つの乳由来タンパク質抽出物」は「2つの牛乳由来タンパク質抽出物」と理解して良いと思います。

私も牛乳由来として書いてよいかどうか分からなかったため乳と表現しました。今回質問を頂いて回答が得られました。ありがとうございました。

ただ、この報告ではXP-828Lをcompoundとしていますが、以下の報告ではXP-828Lをprotein extractとしており、XP-828Lは抽出物なのか化合物なのかよく分からなくなりました。

XP-828l in the treatment of mild to moderate psoriasis: randomized, double-blind, placebo-controlled study.
J Cutan Med Surg. 2006 Sep-Oct;10(5):241-8.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?Db=pubmed&Cmd=ShowDetailView&TermToSearch=17234108

コメントする

「ウシの乳?」

コメントする

今回のプレスリリース自体にはmilkとしか書かれていませんが,Advitech社のHPを見る限りではbovine milkを研究している会社のようですね。

詳しいことをご存じの方がいらしたら補足(もしくは訂正)をお願いします。

コメントする

「「乳由来たんばく」って?」

コメントする

この記事について質問です。

「乳由来タンパク」の「乳」とは、何の「乳」なのでしょうか?「人乳」?「牛乳」?

母乳をおむつかぶれにする、目やにがでたら目にイレルなどが、伝統的に行われている所があると聞いたことがあります。

また、授乳中に乳頭が傷ついたら、母乳を塗る、と言うことが勧められているんです。
だから、是非知りたいです!

コメントする

2007-10-12 - 2007年10月10日、Advitech社は、XP-828L技術プラットフォームによって抽出された2つの乳由来タンパク質抽出物は創傷治癒効果を有することがIn vivo実験で確認されたと発表しました。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク