腸微生物代謝物インドール減少がマイクロRNA・miR-181を増やして肥満を助長
 ・ タイトルも本文に倣って「インドール→インドール減少に訂正しました。
Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
コメント一覧

[記事]うつの父親の子供は語彙が少ない」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「子供が生まれた後の男性のうつ」

コメントする

母親の産後のうつが子供の感情や行動に影響を与えうることが示されていることを踏まえると「では父親のうつはどうか?」という疑問は比較的容易に生じるように思います。

また、この研究者は「男性は自分自身のための治療を受けたがらないが、もし自分に依存している他の人が影響を受けるとすればその状況は変わってくるかもしれない」と言っています。このコメントからこの研究の趣旨が伺えるのではないでしょうか。

コメントする

「研究の目的は何なのでしょうか?」

コメントする

こうした研究結果をマスコミが安易に取り上げ、うつ病を患うご両親に更なる苦しみをもたらさないことを願います。研究目的はいったい何だったのでしょう?

コメントする

2008-05-09 - 母親が子供を生んでからうつ症状を呈することがあるように、父親も子供が生まれてからうつ症状を呈することがあります。新たな研究の結果、父親のうつ症状は子供の言語発達を妨げうると分かりました。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク