コメント一覧

[記事]HPVワクチンの流産リスクについて引き続き調査が必要」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「タイトルを変更しました」

コメントする

platinum_kamiさん、さらに検討しまして、タイトルを変更しました。今後ともよろしくお願いします。

コメントする

「子宮頸がんワクチンと流産のリスクに相関のエビデンスなし」

コメントする

Conclusion:
There is no evidence overall for an association between HPV vaccination and risk of miscarriage.

ですので、

HPVワクチン3ヶ月以内の妊娠は流産となるリスクが高いかもしれない

のタイトルは不適切だと思われます。

【清宮のコメント】著者は"we cannot completely rule out the possibility of an increased risk among pregnancies conceived within three months of vaccination"と言っており、流産に関する更なる調査を推奨しています。

そのような著者の考えを反映してこのタイトルにしました。

コメントする

2010-03-04 - GlaxoSmithKline(グラクソスミスクライン)社のヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン・Cervarixの2つの第3相試験データをまとめて解析したところ、全般的にはCervarix接種と流産リスクは関連しませんでした。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク