英国が高齢者や妊婦にPfizerの呼吸器合胞体ウイルス(RSV)ワクチンを接種する
 ・ 仕入れワクチン数を訂正しました(およそ500万回投与分超→およそ490万回投与分超)
Vertex社の島細胞の素充填薬VX-880が脱インスリン投与の可能性を引き続き示す
 ・ Cペプチドが空腹時に検出できなかった被験者に関する誤記を訂正しました。
Rocheの発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)薬Piaskyを米国承認
 ・ FDAの承認通知のリンクを追加しました。

BioNTechがMediLinkとの提携を拡大してADC薬を更に揃えることを目指す

Free!
2024-05-29 | コメント

BioNTechがMediLink Therapeutics社との去年10月からの提携を拡大し、子分連れ抗体(ADC)薬をもっと揃えることを目指します。

BioNTech社は目当ての標的幾つかにMediLink社のADC技術を利用する選択権利を2500万ドルの支払いと引き換えに手にします。MediLink社はBioNTechの進捗に応じて更に多ければ18億ドルを手にできます。

去年BioNTech社はHER3標的ADC薬BNT326(別名YL202)の権利をMediLink社から手に入れています。

BioNTechのニュースやClinicaltrials.govの検索結果によるとBNT326の2つの試験が進行中です。1つは先立つ治療を経ている肺癌や乳癌患者相手のPh1試験、もう1つは固形癌相手のPh2試験です。

前者のPh1試験結果は今週金曜日から始まるASCO年次総会で発表されますが、先立って発表されたそのアブストラクトにこの2月4日時点までの成績が記されています。

試験には第3世代チロシンキナーゼ阻害剤と白金化学療法を経ている局所進行/転移性EGFR活性化変異非小細胞肺癌(NSCLC)患者とCDK4/6阻害剤と化学療法を経ているホルモン受容体陽性(HR+)かつHER2陰性の局所進行/転移性乳癌が参加しており、先立つ治療2-8回(中央値4回)の評価可能患者46人の奏効率は2月4日時点までで37%です。

この記事のカテゴリ
関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。