Boehringer Ingelheim社が嚢胞性線維症遺伝子治療の知的財産取得を決定
 ・ 関連ニュースを追加しました。
LogicBio社のゲノム編集治療のPh1/2開始を米国FDAが差し止めた
 ・ 不適切な表現を訂正しました(その発現が生涯にわたって発現すること、、、→その発現が生涯にわたって続くこと、、、)
UCB社の乾癬薬の米国FDA承認審査が欧州工場の査察の遅れで長引いている
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(遅れてで→遅れで)

グリア細胞のRNA結合蛋白質の二量体化を妨げて神経炎症を抑える化合物を同定

Free!
2021-09-27 | コメント

神経炎症は脳卒中、外傷性脳損傷(TBI)、脊髄損傷などの予後を悪化させます。また、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病、アルツハイマー病などの神経変性疾患の進行を早めます。ゆえに神経炎症を封じることは神経炎症を後ろ盾とする神経痛や神経疾患の治療法として有望です。

脳のマクロファージ・マイクログリアはグリア細胞の一種で、マイクログリアが活性化するとその核内のRNA結合蛋白質HuRは二量体を形成して核外の細胞質に移行し、神経炎症促進サイトカインやケモカインの生成を促します。

そのHuR二量体化を阻害する低分子化合物SRI-42127が見つかり、リポ多糖(LPS)で活性化を誘発したグリア細胞の核内から核外へのHuRの移行を阻害して炎症促進因子の生成を有意に減らすことが示されました。

また、SRI-42127はマウス脳のマイクログリア活性化を抑制し、好中球や単球が血液脳関門(BBB)を越えて中枢神経系(CNS)に到達しないようにしました。好中球や単球は脳や脊髄の炎症を悪化する恐れがあります。

つまりSRI-42127はBBBを越えて神経炎症反応を速やかに抑制しました。

また、マイクログリアによる神経炎症を引き金とする病態・神経因性痛を緩和しうるSRI-42127の効果が出版前のデータで確認されています。

関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。