Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
赤身肉を食べる量が増えるとその後死にやすくなる
 ・ 関連ニュースを追加しました。

Merck社がRNA干渉のバイオテック・Sirna社を買収

Free! この記事にコメントする

Merck 関連ニュース (最新5件を表示) [全ニュースを表示]

  • 2016-01-18 Merck Vioxxに関する株主集団訴訟が8億300万ドル支払いで解消
  • 2016-01-07 Complix 細胞内癌標的に届く化合物をMerckに提供する合意を発表
  • 2015-12-23 Merck Emulate社の生体内細胞反応模倣装置を創薬に利用する
  • 2015-12-23 抗腫瘍ウイルス薬の抗PD-1薬耐性解消効果を調べる試験開始
  • 2015-12-22 Merck 黒色腫の初治療でのKeytruda使用がFDAに承認された

Sirna Therapeutics 関連ニュース (最新5件を表示) [全ニュースを表示]

  • 2006-12-30 Merck社 Sirna Therapeutics社の買収が完了
  • 2006-10-31 Merck社がRNA干渉のバイオテック・Sirna社を買収
  • 2006-04-04 Sirna社 RNA干渉をベースにした呼吸器疾患治療薬の研究、開発、販売でGlaxoSmithKline社と提携
  • 2006-02-08 Sirna社 Gregory Weaver氏をCFO兼上級副社長に任命
  • 2005-09-30 Sirna社 眼科疾患をターゲットにしたRNA干渉治療薬の開発でAllergan社と提携
この記事のカテゴリ
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2006-10-31 | 投稿者 : 清宮さん
アルファジェン社の野沢社長のメールマガジン(アルファジェン RNAi ニュース)で知りました。野沢社長ありがとうございます。

 ▽RNAiニュース
  http://alphagen.main.jp/blog/
 ▽アルファジェン RNAi ニュースの購読は以下までどうぞ
  i-nozawa@alphagen.jp

Alnylam社の周辺でも動きがあるかもしれないですね。

Merck社が2001年に6億2000万ドルで買収した遺伝子研究の会社・Rosetta Inpharmatics社の元CEO・Stephen H. Friend氏はMerck社の研究所においてなくてはならない人物となっています。

Sirna社の“遺伝子”がMerck社にどれだけ溶け込めるか?またはMerck社がSirna社の技術をどれだけ自社の技術や文化に取り入れられるか?合併後の活動が楽しみです。
BioTodayの無料メルマガ「BioTodayアラート」のご案内

NEJM、JAMA、BMJ、Lancetなどの主要な医学誌に掲載された重要な最新の医学的知見を簡潔にまとめて配信しています。 サンプルはこちらをご覧ください。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク