2型糖尿病の肥満患者に対してリモナバンが有効

この記事にコメントする
この記事のカテゴリ
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2006-11-12 | 投稿者 : 清宮さん
2型糖尿病の肥満患者に対するCB1受容体阻害薬・リモナバンの有効性と安全性を検討した試験(RIO-Diabetes試験)の成果が2006年10月27日のLancet誌に発表されています。

 ▽2型糖尿病の肥満患者に対してリモナバンが有効
  http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16089

RIO-Diabetes試験では、リモナバン20mg/日投与群の方がプラセボに比べてHbA1cが0.7%より多く低下しました。

HbA1cの1%低下は、糖尿病に関連したエンドポイントリスクの21%低下と関連することから、リモナバン20mg/日投与群でのHbA1c低下はとても意義があります。

研究者等の統計によると、この0.7%の低下の57%は体重低下とは独立しており、この57%の余分なHbA1cの低下には末梢でのCB1阻害メカニズムが関与していることを示唆しています。

末梢でのリモナバンの作用メカニズムについてはいくつかの報告があります。

Bensaid等(1)の報告では、リモナバンは脂肪細胞でのAcrp30のmRNA発現を亢進させることが確認されています。Acrp30は脂肪酸化・高血糖・高インスリン血症低下と体重低下を促進する血漿タンパク質です。

Liu等(2)の報告ではリモナバンは筋肉でのグルコース取り込みを促進して熱発生を活性化することが示されています。

Cota等(3)の報告では、リモナバンが阻害するCB1受容体の選択的な活性化によってマウスの脂肪細胞の脂質生成が亢進することが確認されています。

その他に、リモナバンはアディポネクチンの分泌を亢進させることを示した報告(4)があります。

アディポネクチンの血漿中濃度はインスリン感受性と相関します。また、アディポネクチンレベルは肥満患者や2型糖尿病患者で低下していることが知られています。

さらに、肝臓での脂肪酸合成や脂質蓄積を阻害することを示した報告も存在します(5)。

肝臓での脂肪酸合成や脂質蓄積はインスリン抵抗性や異常脂質血症に関与しています。

これらのリモナバンの作用が、体重低下から予想されるHbA1cレベル低下以上の改善に結びついた可能性があります。

ただし、この報告に関連したLancetのコメント(6)において、体重低下による効果を上回るHbA1cの低下についてはより詳細な調査が必要と主張されています。

その理由として、殆どの読者にとって理解するのが困難な統計モデルを使って体重低下以上のHbA1cメリットのデータが形成されていることがあげられています。


(1)Bensaid M, Gary-Bobo M, Esclangon A, et al. The cannabinoid CB1 receptor antagonist SR141716 increases Acrp30 mRNA expression in adipose tissue of obese fa/fa rats and in cultured adipocyte cells. Mol Pharmacol 2003; 63: 908-914.
http://www.thelancet.com/journals/lancet/medline/record/MDLN.12644592

(2)Liu YL, Connoley IP, Wilson CA, Stock MJ. Effects of the cannabinoid CB1 receptor antagonist SR141716 on oxygen consumption and soleus muscle glucose uptake in Lep(ob)/Lep(ob) mice. Int J Obes Relat Metab Disord 2005; 29: 183-187.
http://www.thelancet.com/journals/lancet/medline/record/MDLN.15558076

(3)Cota D, Marsicano G, Tschop M, et al. The endogenous cannabinoid system affects energy balance via central orexigenic drive and peripheral lipogenesis. J Clin Invest 2003; 112: 423-431.
http://www.thelancet.com/journals/lancet/medline/record/MDLN.12897210

(4)Despres JP, Golay A, Sj?str?m LRimonabant in Obesity-Lipids Study Group. Effects of rimonabant on metabolic risk factors in overweight patients with dyslipidemia. N Engl J Med 2005; 353: 2121-2134.
http://content.nejm.org/cgi/content/abstract/353/20/2121

(5)Osei-Hyiaman D, DePetrillo M, Pacher P, et al. Endocannabinoid activation at hepatic CB1 receptors stimulates fatty acid synthesis and contributes to diet-induced obesity. J Clin Invest 2005; 115: 1298-1305.
http://www.thelancet.com/journals/lancet/medline/record/MDLN.15864349

(6)Does rimonabant pull its weight for type 2 diabetes?
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS014067360669572X/fulltext
BioTodayの無料メルマガ「BioTodayアラート」のご案内

NEJM、JAMA、BMJ、Lancetなどの主要な医学誌に掲載された重要な最新の医学的知見を簡潔にまとめて配信しています。 サンプルはこちらをご覧ください。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク