Conatus Novartisとの提携NASH薬のPh2b試験3つが全滅〜処し方の検討開始
 ・ 関連ニュースを追加しました。
Merck & CoがKen Frazier氏の後任CEO探しを始めているとBloombergが報道
 ・ Frazier氏の任期の勘違いを訂正しました(去年12月→今年2019年12月)。
世界の酒量は増え続ける〜飲酒の害を減らす目標は達成できそうにない
 ・ 参考文献の1つが間違っていたのを訂正しました(Atezolizumab plus bevacizumab .... →Global alcohol exposure ....)

すこし長く話しを聞くことで、ICUで死に行く患者の家族の精神的負担を軽減できる

この記事にコメントする
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2007-02-03 | 投稿者 : 清宮さん
skyteamさんコメントありがとうございます。

この文献から、エディトリアルのタイトルにもなっている「聴いてあげることの治癒効果(Healing Power of Listening)」が明らかになったわけですが、つきつめると「あなたを気にかけています」という全てのサービス提供者に求められる姿勢が患者家族の心を落ち着かせたのだと思います。

skyteamさんのコメントにある「ご家族が希望する時間に医師の時間をつくれるように」家族に先回りして尋ねることは、“気にかけている”ことを表現する上でとても有益だと思います。

特に制度にこだわることはないと思いますが、家族がして欲しいと思うことを先回りして提案することで家族の心は安らぐのだと思います。そうしたちょっとした気遣いでより大きな効果が期待できると思います。
2007-02-02 | 投稿者 : skyteamさん
 大切な観点ですよね。面会時間を10分とか区切ってしまう施設(処置とか患者さんの安静を守るためでもありますが)ですと、医師や担当の看護師さんと会えずに家族のお見舞いとすれ違うことは往々にしてあります。

 これを解消するためにも、やはり患者さんのご家族(それも一番熱心な方)が希望する時間に医師の時間をつくれるように制度を作るだけでどれだけ救われるか‥まぁ、それを臨床現場の忙しさが困難にさせたりしますが。とても貴重な観点だと思いました。
2007-02-02 | 投稿者 : 清宮さん
成人ICUに勤務している臨床家が意思決定の共有プロセスにおいて家族メンバーと過ごす時間は、ICUの患者死亡率とおおよそ対応させるべきという提案がこの文献に関連したエディトリアルに記載されています(1)。

例えばこの提案によると、死亡率が2%の外科ICUの常勤臨床家は、患者と家族のサポートに毎週2時間を費やせばよいことになります。

一方死亡率が20%の内科ICUでは、上記と同じ臨床家は家族のサポートに毎日2時間費やす必要があります(2)。

この提案を効果的に使用すれば、死亡率を上昇させることなく死亡前に患者がICUで過ごす日数を減らしたり(2)、家族と過ごす時間を抑制したりすることでコストを大幅に節約可能と考えられます。

このようなリソース配分の考え方も必要ですが、その前に、ICUで働く臨床スタッフににとって何をおいても最も重要なことは患者の家族がどんな気持ちで過ごしているかを理解する感性を育むことでしょう。

この重要性がこの文献のエディトリアル(1)の結論に以下のようにまとめられています。

“All providers of critical care should receive training that will allow them to offer the kind of support that they would want if they had a family member who was facing death in an ICU.”

“クリティカルケア(重症患者の診療)の提供者は、自分たちの家族がICUにおいて死に直面したときにして欲しいと思うようなサポートを実際の臨床の場で提供できるようになるためのトレーニングを受けるべきである”

(1)The Healing Power of Listening in the ICU. NEJM. Volume 356:513-515 February 1, 2007 Number 5
http://content.nejm.org/cgi/content/full/356/5/513

(2)An intensive communication intervention for the critically ill. Am J Med. 2000 Oct 15;109(6):469-75.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=retrieve&db=pubmed&list_uids=11042236&dopt=Abstract
BioTodayの無料メルマガ「BioTodayアラート」のご案内

NEJM、JAMA、BMJ、Lancetなどの主要な医学誌に掲載された重要な最新の医学的知見を簡潔にまとめて配信しています。 サンプルはこちらをご覧ください。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク