Capricor デュシェンヌ型筋ジストロフィー細胞治療のPh2試験で有意効果確認
 ・ 試験名称を訂正しました(HOPE→HOPE-2)
高齢者などへのPfizer/BioNTechのCOVID-19ワクチン追加接種を米国FDAが認可
 ・ FDAからの発表を関連ニュースに追加しました。
先立つ治療経験があるHER2変異肺癌患者の約6割に第一三共のエンハーツが奏効
 ・ タイトルの間違いを訂正しました(HER2陰性→HER2変異)

非小細胞肺癌治療薬としてのAlimtaの使用をNICEは支持せず

  • 2007-08-23 - ヘルスケアの費用対効果を監視している英国の英国国立医療技術評価機構(NICE、National Institute for Health and Clinical Excellence)は、局所進行または転移非小細胞肺癌におけるEli Lilly社の抗癌剤・Alimta(Pemetrexed)の使用に関するガイドラインを発表しました。NICEはこれらの癌へのAlimtaの使用は推奨できないと結論しています。 (3 段落, 403 文字)
  • [全文を読むには有料会員登録が必要です]
  • [有料会員登録がお済みの方はログインしてください]
  • [メールマガジン(無料)をご利用ください]

Eli Lilly 関連ニュース (最新5件を表示) [全ニュースを表示]

  • 2016-01-20 Lilly 関節リウマチの経口薬BaricitinibをFDAに承認申請
  • 2015-12-22 Halozymeの注射薬吸収促進技術がLillyの化合物最大5つに使われる
  • 2015-12-18 Lilly 基礎インスリンLantusコピー薬FDA承認獲得〜発売は来年末
  • 2015-12-16 Adocia 超速効化Lisproの濃縮製品の生物学的同等性試験が成功
  • 2015-12-10 Lilly 動物用薬の製造を切り離す〜将来の事業売却が容易になる
この記事のカテゴリ
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2007-08-23 | 投稿者 : A17さん
先日は、エーザイのアリセプトが痛い目に合ってます。今回は、Eli Lilly社のアリムタが痛い目に合いました。客観的で科学的かつ合理的な視点を持っているというNICEの評判が真実そうであれば、NICEのガイドラインや主張は無視できないということになります。

アリムタは、日本では、本年1月に製造販売承認を得ました。アリセプトとアリムタに対するNICEの態度は、日本の医療経済面にどのような影響を与えるのか、それとも他岸の火事として無視するのか?許認可権を持っている日本の役人がどちらの反応を示すのか、興味のあるところです。

なお、エーザイのプレス内容に企業のズルさを感じている人たちが多いようです。今回のNICEのプレスに対して、Eli Lilly社はHPのニュースにどのような内容の記事を掲載するのでしょうか?

社会に対する企業の姿勢という点で両社の違いがみられるのかどうか、それもまた興味のあるところです。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。