腸微生物代謝物インドール減少がマイクロRNA・miR-181を増やして肥満を助長
 ・ タイトルも本文に倣って「インドール→インドール減少に訂正しました。
Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。

PharmAbcine社 シリーズAファイナンスで600万ドルを調達

この記事にコメントする
この記事のカテゴリ
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2009-09-22 | 投稿者 : 清宮さん
M.Onoさん、ありがとうございます。具体的でとても勉強になりました。

BioTodayでシリーズFを検索したところ何件かヒットしました。
http://www.biotoday.com/search.cfm?q=%83V%83%8A%81%5B%83YF

シリーズGはないだろうなと検索したら1件ありました。
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16840

WEBサイトをちょっと見たところ、シリーズGを実施したVIRxSYS社はまだ活動しているようです。
2009-09-22 | 投稿者 : M.Onoさん
清宮さんが示したウエヴの説明の通りですが、もっと簡単にいうと、ベンチャ企業が会社の売却、製品技術のライセンスアウトやIPOなどの環境を整えるための資金をえるために実施するものです。何ラウンド目の資金調達であるかをアルファベットで示すことによって、会社の現在のビジネスSTATUSなども大体わかります。私の知る範囲ではなんとシリーズFまでいったバイオベンチャーがありました。結局倒産しましたが。

最初のラウンドはともかく、投資家は資金の代わりに株をもとめますから、ラウンドが増えるに従い、どんどん持ち株はDILUTIONされていきます。ですからラウンドが増えるにしたがって投資家の投資意欲は薄れていくのが普通です。
2009-09-18 | 投稿者 : to-hasegawaさん
これらA,B.C,ファイナンスとは何のことですか?教えてください。

【清宮のコメント】以下など参考ください。
http://www.investopedia.com/terms/s/seriesa.asp
BioTodayの無料メルマガ「BioTodayアラート」のご案内

NEJM、JAMA、BMJ、Lancetなどの主要な医学誌に掲載された重要な最新の医学的知見を簡潔にまとめて配信しています。 サンプルはこちらをご覧ください。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク