喫煙は中年男性の認知機能の衰えを早めうる

  • 2012-02-11 - 喫煙中年男性の認知機能はより急速に衰えることを示した試験結果が発表されました。 (2 段落, 70 文字)
  • [全文を読むには有料会員登録が必要です]
  • [有料会員登録がお済みの方はログインしてください]
  • [メールマガジン(無料)をご利用ください]
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
関連ニュース

2020-02-23|喫煙
+ 禁煙薬バレニクリンの心血管/神経精神入院リスクはニコチン補充治療より低い

2019-12-06|喫煙
+ 米国の高校生の3人に1人が電子タバコを含むタバコ使用者

2019-12-03|喫煙
+ 喫煙の死亡リスクの高さを強調する所要時間1分の説得で禁煙率が改善

2019-11-05|喫煙
+ 糖尿病薬ピオグリタゾンがニコチン離脱症状を緩和〜禁煙に役立ちそう

2019-08-21|喫煙
+ ヘビースモーカーの禁煙後の心血管疾患リスク完全正常化は長年を要する

2019-03-04|認知障害
+ テレビをよく見る年配者ほど記憶の衰えが早い

2019-03-01|認知障害
+ 血圧/コレステロール降下剤服用全般の記憶/思考低下抑制効果示せず

2018-09-11|認知障害
+ 肥満は脳の免疫細胞・ミクログリアにシナプスを食べさせて頭を悪くするらしい

2018-09-03|認知障害
+ 大気汚染に長く身をおくことと言語や数学の試験成績悪化が関連

2018-04-09|認知障害
+ プロトンポンプ阻害剤(PPI)と認知機能低下は関連せず/デンマークの双子試験

2019-11-19|老人の疾患
+ 高齢者のスタチン使用と認知機能の一層の低下は関連せず

2019-11-14|老人の疾患
+ 110歳以上の超長寿高齢者はヘルパー型ではなく殺細胞性CD4 T細胞を多く備える

2019-11-04|老人の疾患
+ 看護師主導の取り組みNICHEで高齢者治療が改善

2019-11-03|老人の疾患
+ 不規則な体の揺れが多い高齢者ほどやがて生活の質を害しやすく、死にやすい

2019-05-22|老人の疾患
+ 高齢者の脳震盪後のスタチン処方と認知症発現率低下が関連

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク