COVID-19患者の血中NETは多い~サイトカイン放出や呼吸器不全に寄与しうる
 ・ 関連ニュースや文献を追加し、NETからみのCOVID-19治療の現状を追記しました。
アルツハイマー病Ph2目標非達成にもかかわらず塩野義製薬がTetra社を買い取る
 ・ アルツハイマー病Ph2の結果を追記しました。
Merck & Coが満を持して新型コロナウイルス感染治療の取り組みに着手
 ・ 米国政府からの資金提供について短く追記しました。

性副作用を有するフィナステリド脱毛治療男性はうつを呈しやすい

  • 2012-08-10 - 脱毛の治療にフィナステリド(finasteride)を使用していて性機能副作用を有する男性はうつ症状を呈しやすいことを示した試験結果が発表されました。 (2 段落, 141 文字)
  • [全文を読むには有料会員登録が必要です]
  • [有料会員登録がお済みの方はログインしてください]
  • [メールマガジン(無料)をご利用ください]
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
関連ニュース

2019-10-30|はげ
+ 毛包の電気活動の測定法を開発〜脱毛症治療のバイオマーカーとして使用しうる

2019-02-18|はげ
+ 黒人女性の瘢痕性脱毛症と関連する毛幹形成遺伝子PADI3変異が見つかった

2017-08-26|はげ
+ 乳酸を増やす化合物で毛包幹細胞を活性化して発毛を促しうる

2016-09-27|はげ
+ Kerastem 脱毛症再生治療の第2相試験患者組み入れ完了

2016-03-24|はげ
+ 老化マウスの毛包を若いマウスに移植すると若返ってよく発毛する

2020-04-09|鬱病
+ 重度うつ病患者21人中19人に改良経頭蓋磁気刺激が有効〜無作為化試験が必要

2020-03-06|鬱病
+ サイロシビンやLSDがラットのうつ病様の振る舞いを長く抑制〜Eleusis社試験

2020-02-12|鬱病
+ 抗うつ薬の効果と関連する脳波特徴を人工知能技術で同定〜新会社が早速誕生

2020-02-12|鬱病
+ 若者は大人に近づくほど動かなくなり、動かない若者ほどうつ症状により陥る

2020-01-12|鬱病
+ 社会不安に陥っている香港の成人の精神的負担が増している

2019-12-03|自殺
+ 銃による自殺行為は9割が死に至る

2019-12-02|自殺
+ 自殺願望や自殺の実行と関連しうる脳回路を同定

2019-11-04|自殺
+ 自殺の報道方針が守られていない〜14項目のうち遵守されていたのは平均7つ

2019-10-18|自殺
+ 米国の青少年(10-24歳)の自殺率が2007年から上昇している

2019-06-13|自殺
+ プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク