[増補版] 今や小児の54人に1人に生じる自閉症の増加は恐らく環境要因によるものではない
 ・ [父親の年齢と自閉症] を誤った文献情報の冒頭に記していたのを訂正しました。また、[父親の年齢と自閉症] に該当する文献を新たに加えました。
匂いに反応した植物状態患者全員が意識を取り戻し、より長生きした
 ・ 関連ニュースを追加しました。
自閉症スペクトラム障害の有病率は4歳で約64人に1人、8歳で約54人に1人
 ・ 関連ニュースを追加しました。

タウはLRP1を介して神経細胞に入る〜LRP1の抑制はタウの神経間伝播を防ぐ

  • 2020-04-02 - タウ病として知られるアルツハイマー病や慢性外傷性脳症等の認知症病変の中心を担う蛋白質タウはその微小管結合領域のアミノ酸リシンとLRP1の相互作用を介したエンドサイトーシスによって神経細胞に取り込まれると分かり、マウスのLRP1を抑制したところタウが神経間を出入りして広がるのを防げました。 (2 段落, 182 文字)
  • [全文を読むには有料会員登録が必要です]
  • [有料会員登録がお済みの方はログインしてください]
  • [メールマガジン(無料)をご利用ください]
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク