COVID-19ワクチン接種と流産リスク上昇は関連せず
 ・ タイトルを訂正しました(ワクチンを接種→ワクチン接種)
5-11歳小児へのPfizerワクチン接種のCOVID-19発症予防効果91%
 ・ Anthony Fauci氏の5-11歳小児へのワクチン接種の見通しについて短く追記しました。
Boehringer Ingelheim社が嚢胞性線維症遺伝子治療の知的財産取得を決定
 ・ 関連ニュースを追加しました。

COVID-19患者の1型IFNに応じた遺伝子発現の低下と単球のLAIR1発現上昇が関連

Free!
2021-09-25 | コメント

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が引き起こす感染症COVID-19の患者284人を調べたところ1型インターフェロン(1型IFN)への自己抗体が重症COVID-19患者のおよそ20人に1人(6%)、死ぬほど深刻な瀕死のCOVID-19患者ではさらに多く5人に1人(19%)に認められ、より軽症のCOVID-19患者からは一切検出されませんでした。

瀕死のCOVID-19患者の骨髄細胞では1型IFNに応じた遺伝子発現(ISG-I反応)が欠如しており、その欠如は1型IFNへの自己抗体を生成する瀕死のCOVID-19患者では特に顕著でした。

瀕死のCOVID-19患者の発症後間もない頃の単球表面の抑制性受容体LAIR1はISG-I反応欠如とは対照的により発現していました。

単球のLAIR1発現は健常人では認められず、COVID-19患者ではISG-I反応低下と関連しました。

リガンド(コラーゲンやC1Q)を携えたLAIR1がトール様受容体(TLR)リガンドに応じたIFNα生成を阻害しうることが最近の研究で示されています(PLoS ONE. November 30, 2010Molecular Medicine. 17 September 2014)。また、LAIR1への自己抗体が重度かそれ以上のCOVID-19患者に限って認められています(Nature. 19 May 2021)。

今後の研究でLAIR1と1型IFN反応欠如の関わりを更に調べる必要があります。

関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。