腸微生物代謝物インドール減少がマイクロRNA・miR-181を増やして肥満を助長
 ・ タイトルも本文に倣って「インドール→インドール減少に訂正しました。
Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
コメント一覧

[記事]リーダーを教育することでロマ族のコミュニティー全体の無防備なセックスが減る」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「ロマ民族の性習慣」

コメントする

この報告(http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16492)の調査でロマ族男性の性活動が詳述されています。

調査対象の男性のベースライン時点での生涯の性交渉パートナーの平均数は27.5人(中央値は13人)、過去1年間では7.1人、過去3ヶ月では3.2人でした。

ほぼ全員の男性は女性パートナーを有しており、自分をヘテロセクシャルと申告しました。しかし半数以上(59%)の男性は男性とセックスしたことがあると申告しました。35%の男性は過去1年間に男性とセックスしたと申告しました。

試験対象の男性286人のうち170人(59%)はベースライン時の評価で過去3ヶ月に複数の性交渉パートナーがいたと回答し、191人(67%)が行きずりのセックスをしたと回答しました。

コメントする

「ロマ族の成り立ちと現状」

コメントする

部外者を信用しないロマ族へのHIV感染予防介入には各コミュニティーのリーダーを利用することが効果的とわかりました。

 ▽リーダーを教育することでロマ族のコミュニティー全体の無防備なセックスが減る
 http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16492

ロマ族は東欧での最大の少数民族であり、この地域で最も社会的に無視された貧しい集団となっています。

ロマ族は10世紀にインド北部から移住し、現在では南東欧の人口の6-9%がロマ族で構成されています。

容貌、文化、慣習から区別がつきますが、ロマ族はもやは遊牧的な生活は送っていません。貧困、過密、荒廃した家屋、衛生状態不良、健康サービス不足という環境下で主要なコミュニティーから離れて定住しています。

ブルガリアのロマ族で初等教育を受けた割合は僅か10%足らずで、80%は文盲です。70-90%が失業状態にあります。

ロマ族の寿命は一般よりも10-15年短く、何世紀にもわたって差別・迫害されてきました。今日でも社会的無視は続いています。ロマ族のコミュニティーは文化的に孤立し、適切な教育・ヘルスケア・ソーシャルサービスが不足しています。

コメントする

2006-11-26 - ブルガリアのロマ民族(Gypsy)の52コミュニティー(social network、社会的ネットワーク)を対象にした試験の結果、コミュニティー内の仲間へのHIV感染予防カウンセリング法をコミュニティーのリーダーに教育すると無防備な性交渉を減らせると分かりました。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク