Conatus Novartisとの提携NASH薬のPh2b試験3つが全滅〜処し方の検討開始
 ・ 関連ニュースを追加しました。
Merck & CoがKen Frazier氏の後任CEO探しを始めているとBloombergが報道
 ・ Frazier氏の任期の勘違いを訂正しました(去年12月→今年2019年12月)。
世界の酒量は増え続ける〜飲酒の害を減らす目標は達成できそうにない
 ・ 参考文献の1つが間違っていたのを訂正しました(Atezolizumab plus bevacizumab .... →Global alcohol exposure ....)
コメント一覧

[記事]フェリチンレベルが100ng/mL以下の貧血患者は大腸内視鏡検査の対象として妥当」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「消化管悪性疾患」

コメントする

清宮さん、ご返答ありがとうございます。

男性で重度の鉄欠貧血であるなら、消化管悪性疾患の rule outを優先的に考えますので理にかなっています。この場合、上部消化管内視鏡(胃カメラ)も含まれます。痔瘻の rule outは日本では、外科に依頼することが主流だと思うのですが、大腸内視鏡で併せて確認できるということなのでしょうか。カメラでないと確定しきれない早期癌などを踏まえますと、理論的には内視鏡を早期に行うことは誤りではないと思います。

コメントする

「この試験の対象被験者はほぼ全員男性です」

コメントする

leukさん、コメントありがとうございます。

試験の解説が不足していました。データ解析対象となったのはほぼ全員男性です。したがって、今回の結果は男性に限ってあてはまると考えるべきなのだと思います。

主に男性を対象にした試験であることがわかるように本文の記載も訂正します。

leukさんの“大腸内視鏡検査は1st lineの検査として行うべきなの”かということですが、Journal Watch(1)では“serum ferritin of 100 ng/mL or lower is a reasonable indicator for prompt colonoscopy among men with unexplained anemia”と記載されており、原因不明の貧血で血清フェリチンが100 ng/mL以下であるということは迅速な大腸内視鏡検査の指標として妥当と説明されています。

いずれにしても専門家の方のご意見をお待ちしています。


(1)Which Anemic Patients Should Be Referred for Colonoscopy?
http://general-medicine.jwatch.org/cgi/content/full/2007/125/1

コメントする

「鉄欠貧血の鑑別。」

コメントする

大腸内視鏡検査は患者にとって苦痛を伴う検査のひとつです。血液内科医として鉄欠貧血の鑑別を行う場合、閉経前の女性ならばまず産婦科受診を優先させ(子宮筋腫などは鉄欠貧血から高頻度で見出されます)、男性であっても2検体以上の便潜血検査や注腸(バリウム)検査を先行させているのですが、大腸内視鏡検査は1st lineの検査として行うべきなのでしょうか。消化器専門の方のご意見も伺えればと思います。いずれにせよ、女性と男性を分けて評価することは必須だと考えます。

コメントする

2007-02-01 - 貧血の評価のために大腸内視鏡検査を受けた患者およそ400人と大腸癌スクリーニングとして大腸内視鏡検査を受けた非貧血患者およそ300人のデータを解析した結果、血清フェリチンレベルが100ng/mL以下の男性貧血患者を大腸内視鏡検査の対象として選択することが妥当と分かりました。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク