Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
赤身肉を食べる量が増えるとその後死にやすくなる
 ・ 関連ニュースを追加しました。

PDI社 sanofi-aventis社から営業受託契約の解消が通知された

この記事にコメントする

PDI 関連ニュース (最新5件を表示) [全ニュースを表示]

  • 2009-04-24 PDI社 Novartis社製品の販促提携の解消を発表
  • 2008-11-19 PDI社 Nancy Lurker氏をCEOに任命
  • 2008-07-01 PDI社 製薬会社との契約が延長・拡大された
  • 2008-06-21 PDI社 社長、CEOのMichael J. Marquard氏が辞任
  • 2007-07-03 PDI社 2300万ドルの受託営業の契約を締結

Sanofi 関連ニュース (最新5件を表示) [全ニュースを表示]

  • 2016-01-12 Sanofi 2社との抗癌治療や抗生剤開発提携を発表
  • 2016-01-10 Sanofi 関節リウマチ薬sarilumabの承認申請をFDAが受理
  • 2016-01-06 SanofiがMannKind社の吸入インスリンを手放す
  • 2015-12-24 Sanofi insulin glargineとlixisenatideの合剤をFDAに承認申請
  • 2015-12-24 Zealand 糖尿病薬のFDA承認申請によりSanofiから2000万ドル獲得
この記事のカテゴリ
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2006-10-26 | 投稿者 : 清宮 さん
PDI社がまた大きなお得意様を失いました。

PDI社は、ビッグファーマのコマーシャルモデルの再評価が原因で契約を失ったのであり、PDI社が提供している営業人員のパフォーマンスが原因で契約を失ったわけではないと説明しています。

それが本当なら、再評価についていけるような戦略を速やかに打ち立てる必要があるでしょう。

しかし今のところそういった戦略はみえていません。

プレスリリースでCEOのMichael Marquard氏は以下のように言っています。

I believe that the flexibility, speed to market and cost effectiveness that our services provide remain a valuable resource for large and emerging pharmaceutical companies as the sales representative continues to be the key resource to successful commercialization

ビッグファーマの再評価で契約が打ち切られているとするなら、ビッグファーマを主な顧客とする彼等の現在の価値は著しく損なわれているのかもしれません。したがって、“our services provide remain a valuable resource for large and emerging pharmaceutical ”等という声明を簡単に発表してしまうこと自体この会社には危機感がないのかもしれないと深読みしてしまいました。
BioTodayの無料メルマガ「BioTodayアラート」のご案内

NEJM、JAMA、BMJ、Lancetなどの主要な医学誌に掲載された重要な最新の医学的知見を簡潔にまとめて配信しています。 サンプルはこちらをご覧ください。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク