Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
赤身肉を食べる量が増えるとその後死にやすくなる
 ・ 関連ニュースを追加しました。

大塚製薬が有望な結核治療薬を開発中

Free! この記事にコメントする
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2006-11-30 | 投稿者 : 清宮さん
masa-kさん、コメントありがとうございます。

GoogleでOPC-67683と検索すると、

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rls=RNWE%2CRNWE%3A2005-38%2CRNWE%3Aja&q=OPC-67683&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

トップに結核研究所研究部の主任研究員の土井教生氏の以下の記事リンクがヒットします。

「新抗結核薬の開発状況,大塚製薬の新薬OPC-67683について」

競合や今後の展望が良くまとまっていますので、参考になると思います。

以下の記事に示すように薬剤耐性結核とHIVとの共感染が多くなっています。

薬剤耐性結核が増えつつある/超薬剤耐性結核のほぼ全員がHIVに感染している
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16080

今回新たに発表された試験ではOPC-67683は肝酵素に影響を与えず、OPC-67683の活性は肝酵素の影響を受けないことが確認されています。

これはHIVとの共感染が多い結核の治療では非常に重要なことだと思います。

今回新たに発表された記事でOPC-67683の存在を知りましたが、OPC-67683のような世界的に必要とされている薬剤を日本の製薬会社が開発していることに感動しました。

開発がうまくいくことを願っています。
2006-11-30 | 投稿者 : masa-kさん
TNF阻害薬など免疫抑制剤での結核再燃リスクを考えた場合、違ったタイプの抗結核薬が出現すことは非常に喜ばしいことだと思いました。ヒトでの臨床結果での忍容性で問題がないことが期待されます。以上
BioTodayの無料メルマガ「BioTodayアラート」のご案内

NEJM、JAMA、BMJ、Lancetなどの主要な医学誌に掲載された重要な最新の医学的知見を簡潔にまとめて配信しています。 サンプルはこちらをご覧ください。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク