PfizerやModernaのmRNAワクチンが新型コロナウイルス感染の91%を予防
 ・ 誤解を訂正しました。ModernaのmRNAワクチンも含む解析である旨記載を訂正しました。
Beam社の塩基編集細胞の投与前下準備としてMagenta社のMGTA-117が試される
 ・ 誤記を訂正しました(MGTA-117開発品→MGTA-117開発費)
Novartisの一か八かの開発品(Wild Card)の一つ・ドライアイ薬がPh2で脱落
 ・ ECF843の説明を追記しました。

病院機能評価は患者の転帰にあまり関連していない

  • 2006-12-13 - アメリカ病院の医療の質に関する懸念に対処するため、メディケア・メディケイドサービスセンター(Centers for Medicare & Medicaid Services)は病院機能(hospital performance)を測定しており、その結果がWEBサイトで報告されています。しかしながら、これらの機能評価が病院レベルでの転帰に関連するかどうかは不明でした。 (4 段落, 443 文字)
  • [全文を読むには有料会員登録が必要です]
  • [有料会員登録がお済みの方はログインしてください]
  • [メールマガジン(無料)をご利用ください]
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
関連ニュース

2019-10-10|肺炎
+ 塩野義製薬 院内肺炎のcefiderocol治療のPh3試験目標達成

2019-10-03|肺炎
+ 成人の市中肺炎(CAP)診断/治療方針を米学会が改訂

2019-09-30|肺炎
+ 市中肺炎の新規経口抗生剤lefamulin治療はmoxifloxacinに劣らず/Ph3試験

2018-04-06|肺炎
+ IP6K1の阻害剤は好中球による組織損傷を防ぎつつ殺菌作用を改善する

2017-10-22|肺炎
+ 友好共生菌の有毒化と攻撃性極まる菌を封じる抗原2種で肺炎をほぼ完全に抑制

2020-03-29|心不全
+ 代償不全後間もない心不全患者の心血管死や心不全入院がvericiguatで1割減少

2020-02-06|心不全
+ 大規模メタ解析でロシグリタゾン使用と心不全リスク上昇が関連

2020-01-30|心不全
+ 退院した心不全患者の自宅への看護師訪問は費用に見合った転帰改善をもたらす

2020-01-22|心不全
+ 心房細動の有無がどうあれ抗凝固薬で心不全患者の生存が改善しうる

2020-01-13|心不全
+ 駆出率保持心不全の病態・心臓拡張不全のネコの心肺機能がHDAC阻害剤で改善

2020-02-24|心臓弁膜症
+ 成長にあわせて拡張する人工心臓弁を開発

2020-01-31|心臓弁膜症
+ 本物の心臓を包んで作る心臓模型を開発〜人工弁等の心臓機器の検討に役立つ

2020-01-30|心臓弁膜症
+ 大動脈弁置換術(TAVR)の5年間の死亡や脳卒中の発現率は手術治療より高め

2019-11-18|心臓弁膜症
+ 無症状の重度大動脈弁狭窄をすぐ手術した方が死亡がより減る/RECOVERY試験

2019-11-18|心臓弁膜症
+ 経カテーテル大動脈弁置換術後の抗凝固薬Rivaroxaban治療は有害/GALILEO試験

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク