腸微生物代謝物インドール減少がマイクロRNA・miR-181を増やして肥満を助長
 ・ タイトルも本文に倣って「インドール→インドール減少に訂正しました。
Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。

どの治療戦略をとってもリウマチの最終的な疾患転帰は同等になる【オープンアクセス文献】

この記事にコメントする
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2007-03-26 | 投稿者 : masa-kさん
 この論文は各群とも患者の効果を確認しながら治療変更が出来るというプロトコールなので抄録だけでの判断はしない方がよい内容かと思われました。ある意味で実地医療的な面がありますので、リウマチを診ている医師が論文を読むべき内容ではないでしょうか。この論文は以前に発表されている論文(BeSt)の解説或いはレビュー的な論文ではないでしょうか。結論は早期関節リウマチ患者に対しては早いうちに併用療法すべきということになるのでしょう。

以上
2007-03-22 | 投稿者 : 清宮さん
U5_Ebi_Westさん、コメントありがとうございます。

この記載は文献のMethodの以下の部分を参照しました。U5_Ebi_Westさんはエディトリアルの方を参照されていると思います。

私の記載は、確かに意味合いが異なってしまいますので、U5_Ebi_Westさんのコメントとアブストの記載に沿って以下のように訂正したいと思います。

「およそ500人のリウマチ患者がシークエンシャル単剤治療、ステップアップ併用治療、漸減する高用量プレドニゾンを用いる併用療法、インフリキシマブ(infliximab;レミケード)を用いる併用療法いずれかに割り振られました。」

グループ1〜グループ4でのメトトレキセートとインフリキシマブ併用治療の割合はそれぞれ27%、7%、13%、18%でした。グループ1でも併用治療が施された患者さんは結構多かったようです。

【Methodの患者群の説明】
Patients in group 1 started with methotrexate, followed subsequently by sulfasalazine, leflunomide, methotrexate with infliximab, gold with methylprednisolone (intramuscular), methotrexate with cyclosporine and prednisone, and azathioprine with prednisone.

Patients in group 2 started with methotrexate, followed subsequently by methotrexate with sulfasalazine, methotrexate with sulfasalazine and hydroxychloroquine, methotrexate with sulfasalazine, hydroxychloroquine and prednisone, methotrexate with infliximab, methotrexate with cyclosporine and prednisone, leflunomide, and azathioprine with prednisone.

Patients in group 3 started with the combination of methotrexate, sulfasalazine, and tapered high-dose prednisone (2), followed subsequently by methotrexate with cyclosporine and prednisone, methotrexate with infliximab, leflunomide, gold with methylprednisolone, and azathioprine with prednisone.

Patients in group 4 started with the combination of methotrexate and infliximab, followed subsequently by sulfasalazine, leflunomide, methotrexate with cyclosporine and prednisone, gold with methylprednisolone, and azathioprine with prednisone.
2007-03-22 | 投稿者 : U5_Ebi_Westさん
>企業がスポンサーのこの非盲検の試験では、およそ500人のリウマチ患者がシークエンシャル単剤治療(3種類の単剤治療を経てから併用療法に移行)、ステップアップ併用治療(1種類の単剤治療からすぐに併用療法に移行)、2種類の併用療法(単剤治療を経ずに最初から併用療法を実施)のいずれかに割り振られました。

と書かれていますが文献を拝見させていただくと:

single DMARD =単剤治療(group 1)
step-up to a combination of 3 DMARDs =ステップアップ治療(group 2)
methotrexate, sulfasalazine, and high-dose prednisone =3DMARDs併用治療(group 3)
the combination of methotrexate plus infliximab =生物学的製剤併用治療 (group 4)

と書かれていますから意味合いが違いませんか?
BioTodayの無料メルマガ「BioTodayアラート」のご案内

NEJM、JAMA、BMJ、Lancetなどの主要な医学誌に掲載された重要な最新の医学的知見を簡潔にまとめて配信しています。 サンプルはこちらをご覧ください。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク