Conatus Novartisとの提携NASH薬のPh2b試験3つが全滅〜処し方の検討開始
 ・ 関連ニュースを追加しました。
Merck & CoがKen Frazier氏の後任CEO探しを始めているとBloombergが報道
 ・ Frazier氏の任期の勘違いを訂正しました(去年12月→今年2019年12月)。
世界の酒量は増え続ける〜飲酒の害を減らす目標は達成できそうにない
 ・ 参考文献の1つが間違っていたのを訂正しました(Atezolizumab plus bevacizumab .... →Global alcohol exposure ....)

Sirtris社化合物のSIRT1活性化作用は実験上の人為産物らしい

この記事にコメントする
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2010-01-28 | 投稿者 : 清宮さん
小野様、コメントありがとうございます。韓国のHwang Woo-suk(ファン・ウソク)氏の幹細胞研究スキャンダルはまだ研究段階だったので利害関係関与者の範囲が狭かったと思いますが、事業化→IPO→イグジットという華々しい成功を遂げたSirtris社の今回の問題に関与する利害関係者は莫大に多いでしょうね。大騒ぎになるのもよく分かります。

たとえSirtris社化合物にSIRT1の直接的活性化作用はなくても期待される薬効があるのならまだ救いがありますが、Pfizer研究者の追試に基づくとその救いも期待できそうにありません。

Pfizerの研究者によると、Sirtris社化合物のSIRT1活性化作用は非天然のフルオロフォア含有ペプチドを用いた試験でのみ評価されていました。

そこで今回Pfizer社の研究者は天然ペプチド基質を使ってSIRT1活性化を評価して否定的な結果を得たわけですが、危うさを孕んだ非天然基質実験の結果が検証されないままSirtris社のIPOや買収を成功させてしまったという今回の事例から多くのことを学べそうです。
2010-01-28 | 投稿者 : M.Onoさん
ボストン、ロングウッドにあるハーバードのメデイカルでは今この話題で大騒ぎになっています。実はこの問題は前から指摘されていました。当初、シンクレア博士は酵素の基質である蛍光ペプチドに問題があるから、臨床ですべてがはっきりするはずだといっていたのです。そして今回の結果になってしました。

しかしいくつかの謎がまだのこっています。

ひとつは2005年シンクレアが彼のメンターであるレニーガランテ(現MIT)と共同で行ったイーストを用いた発見がどのようにして行われたかです。どうして活性があるという結論が導き出されたのでしょう。シンクレアがこの発見をして発表したとき、ガランテのかつてのポスドクでこのプロジェクトに関わった人たちは疑問を表明し多くの議論がなされました。そんなわけで、NY タイムスやウオールストリートジャーナルがシンクレアのセンセーショナルな発見とそれに基づくSIRTRISというベンチャーの設立を華々しく報じたとき、彼の多くの友人たちはシンクレアを信じていましたが、ボストンのアカデミアには批判がかなりあったのも事実なのです。

今回ハーバード大もこの問題を正式に調査することを発表しています。もし今回の説明のつかない矛盾に関してシンクレアがなんらかの形で関わってっていたとすれば、大変なスキャンダルになるでしょう。

投資家の間ではGSKが買収に支払った金をとりもどすためSIRTRISの経営者とシンクレアを告訴するのではないかとみています。

もうひとつの謎はシンクレアが何度となく行った動物実験による薬効結果が、彼自身のラボではなくいくつかのコントラクトラボで実施されていたということです。このラボは私もよくつかっている信頼できるラボです。どうやって有意差のある薬効が第3者によって得られたのでしょう。

皮肉なことに、JBCの今月号にファイザーが行ったSIRTRIS化合物の検証実験結果が出ています。それは今回の矛盾を裏付けるものになっています。PFYZERはGSKよりも前にSIRTRISを買収すべきDUE DILIGENCEを行いました。すでに再現性のなさに気がついていたからこそ手をひいたのかもしれません。

この謎から今後も目が話せませんが。このままいくと、バイオテックが示した虚偽のデータを土台にして製薬会社が買収を行った最初の例になるかもしれません。
小野
BioTodayの無料メルマガ「BioTodayアラート」のご案内

NEJM、JAMA、BMJ、Lancetなどの主要な医学誌に掲載された重要な最新の医学的知見を簡潔にまとめて配信しています。 サンプルはこちらをご覧ください。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク