禁煙法導入に伴い早産リスクが低下した/ベルギー北部フランダース

  • 2013-02-16 - ベルギー北部フランダースでの3段階の禁煙法導入と早産リスク低下が関連しました。 (2 段落, 91 文字)
  • [全文を読むには有料会員登録が必要です]
  • [有料会員登録がお済みの方はログインしてください]
  • [メールマガジン(無料)をご利用ください]
この記事のカテゴリ
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
関連ニュース

2013-04-29|季節性情動障害
+ 日長の季節変動に応じて神経伝達物質発現が切り替わりうる

2010-11-10|季節性情動障害
+ Fat Sand Ratは季節性感情障害の動物モデルとして役立ちそうだ

2006-06-14|季節性情動障害
+ GlaxoSmithKline社 Wellbutrin XLの新適応がアメリカFDAに承認された

2020-02-16|早産
+ プロトンポンプ阻害剤(PPI)ランソプラゾールに早産予防効果がありそう

2020-01-25|早産
+ 常に肌を触れ合わせた母親と早産児の関係はそうではない場合と変わらず

2020-01-20|早産
+ 妊娠24-27週生まれの超早産児への高用量エリスロポエチンは無効/無作為化試験

2019-10-20|早産
+ 超早産児を産後に新生児集中治療室病院に移すと脳損傷を生じやすい

2019-10-10|早産
+ 極早産/極低体重出産児への授乳量を多めに増やしていっても発達は害されず

2020-02-10|国、社会、地域レベルの健康
+ オピオイド乱用に有効なブプレノルフィンとメサドン使用を広める必要がある

2020-02-09|国、社会、地域レベルの健康
+ 公的保険拡大で米国低所得者20人に1人が手に余る医療費/保険料負担を脱した

2020-02-03|国、社会、地域レベルの健康
+ 僅か1%の医師が米国のオピオイド総用量の実に約半数(49%)を処方

2020-01-21|国、社会、地域レベルの健康
+ 英国の貧困層の健康は100年前生まれに比べて悪い〜健康の貧富の差も拡大

2020-01-20|国、社会、地域レベルの健康
+ 米国の再入院を減らす取り組みで死亡の増加という代償は生じていないようだ

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク