相手と1m以上離れることとCOVID-19やその他のコロナウイルス感染減少が関連
 ・ 関連ニュース2つを追加しました。
COVID-19で入院した糖尿病患者の約10人に1人(10.6%)が7日内に死亡〜フランス
 ・ 脱字を訂正しました(およそ5人に人→およそ5人に1人)
COVID-19患者の65%がICU入室時の検査で深部静脈血栓症あり
 ・ 誤字を訂正しました(介し→開始)。また、関連ニュースを追加しました。

より高価な抗精神病薬paliperidoneデポ剤の効果優越性示せず

  • 2014-05-21 - 統合失調症と統合失調感情障害患者311人が参加した無作為化試験の結果、新しくてより高価な長時間作用型抗精神病薬paliperidone palmitate(パリペリドン)筋注の有効性は昔からある安価な筋注薬デカン酸ハロペリドールと差がありませんでした。 (2 段落, 264 文字)
  • [全文を読むには有料会員登録が必要です]
  • [有料会員登録がお済みの方はログインしてください]
  • [メールマガジン(無料)をご利用ください]
この記事のカテゴリ
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2014-06-03 | 投稿者 : dm8774さん
デカン酸「ハロペリドール」です。

それにしても、新薬だから効果が優れているとは言えないといういつも通りの結果ですね。遅発性ジスキネジアのリスクが低ければ新しい方を取りたいですが、第2世代の代謝機能への変化は決して無視できるものでは無いですよね。プロラクチン上昇も若い女性には避けたいですし。

【清宮のコメント】訂正しました。ご指摘ありがとうございます。各々の薬剤の特徴にあった使用法を見出す努力がもっと必要かもしれませんね。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク