解剖学的複雑さが低〜中度の左冠動脈主幹部狭窄患者のPCI治療はCABGに劣らず

  • 2016-11-07 - 左冠動脈主幹部(left main coronary artery)に70%以上の狭窄または血行動態上有意な50%以上70%未満の狭窄を有していて冠動脈病変の解剖学的複雑さが低〜中度(SYNTAXスコアが32以下)の患者が参加した無作為化試験(EXCEL試験)の結果、エベロリムス溶出ステントによる経皮冠動脈インターベンション(PCI)の3年間の転帰は冠動脈バイパス手術(CABG)に劣りませんでした。 (3 段落, 322 文字)
  • [全文を読むには有料会員登録が必要です]
  • [有料会員登録がお済みの方はログインしてください]
  • [メールマガジン(無料)をご利用ください]
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
関連ニュース

2019-10-12|冠動脈バイパス・グラフト
+ CABGで移植した伏在静脈はアスピリン+ticagrelorかclopidogrelでより長持ちする

2019-03-20|冠動脈バイパス・グラフト
+ 冠動脈バイパス手術患者をセボフルラン等で吸入麻酔しても死亡は減らず

2019-01-11|冠動脈バイパス・グラフト
+ 内視鏡で採った伏在静脈の冠動脈移植の転帰は切開して採取した場合と差はない

2018-05-31|冠動脈バイパス・グラフト
+ 伏在静脈に比べて橈骨動脈による冠動脈バイパス手術は重大心臓事態を生じ難い

2018-04-25|冠動脈バイパス・グラフト
+ 冠動脈バイパス手術後のチカグレロル使用の移植血管開存率は良好/無作為化試験

2019-09-30|経皮冠動脈インターベンション
+ PCI後のアスピリンは3か月で止めてあとはticagrelorのみとすることで出血が減る

2019-06-27|経皮冠動脈インターベンション
+ PCI後の抗血小板薬2種治療を1-3か月にしても1年間継続に少なくとも劣らず

2019-05-06|経皮冠動脈インターベンション
+ 新しい薬剤溶出ステントはベアメタルステントに比べて効果も安全性も勝る

2018-08-29|経皮冠動脈インターベンション
+ ステント留置後のticagrelor長期単独投与は標準的抗血小板薬2種治療に勝らず

2017-08-27|経皮冠動脈インターベンション
+ ポリマーが消える薬剤溶出超薄合金ステントOrsiroがポリマー持続ステントに勝利

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク