Conatus Novartisとの提携NASH薬のPh2b試験3つが全滅〜処し方の検討開始
 ・ 関連ニュースを追加しました。
Merck & CoがKen Frazier氏の後任CEO探しを始めているとBloombergが報道
 ・ Frazier氏の任期の勘違いを訂正しました(去年12月→今年2019年12月)。
世界の酒量は増え続ける〜飲酒の害を減らす目標は達成できそうにない
 ・ 参考文献の1つが間違っていたのを訂正しました(Atezolizumab plus bevacizumab .... →Global alcohol exposure ....)
コメント一覧

[記事]薬剤溶出ステントで治療された患者がクロピドグレルを長期使用すると死亡や心筋梗塞を予防できる」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「新しいものには懐疑的にならないといけないようですね」

コメントする

masa-kさん、コメントありがとうございます。

FDAの諮問委員会の結果を追っていきたいと思います。

JACCの12月19日号にDESの方が血栓形成によるものと思われる心臓発作または死亡が多かったというデータがあるとのことでしたので、JACC(http://content.onlinejacc.org/)を探してみたのですが、それらしい文献が見つかりませんでした。もう少し文献情報を詳しく教えてください。まだオンラインでも未発表でしょうか?

代わりに、ベアメタルステントよりも薬剤溶出ステントの方がvery late thrombosis (ステント後1年を超えて起きる血栓イベント)がおきる割合が高いことを示すメタ解析の結果がAm J Med誌に報告されていました(以下)。

Late thrombosis of drug-eluting stents: a meta-analysis of randomized clinical trials. Am J Med. 2006 Dec;119(12):1056-61.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=pubmed&cmd=Retrieve&dopt=AbstractPlus&list_uids=17145250&query_hl=2&itool=pubmed_docsum

以下のような報告もありますし、新しい技術や処置は極力懐疑的な視点で判断していく必要があるようです。

 ▽心筋梗塞後に経皮冠動脈インターベンションを実施しても転帰は改善しない
 http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16316

コメントする

「DES論文/もう一報もBMSより血栓易形成とのこと」

コメントする

HealthdayのニュースではJAMA論文と供にスイスでのDESとBMSの比較論文(JACC12月19日号)が紹介されていました。その中ではDESの方が血栓形成によるものと思われる心臓発作または死亡が多かったというデータもあったようです。また、同じ日にFDAにDESを含めたステントの安全性を諮問する動きがあるニュースもありました。DESの安全性や費用対効果の論議が盛んになるような気がしました。

コメントする

2006-12-06 - 冠動脈疾患を薬剤溶出ステント(DES)またはベアメタルステント(bare-metal stent、BMS)で治療された患者がクロピドグレル(clopidogrel)を使用したときの長期転帰を評価した観察試験の結果が発表されています。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク