腸微生物代謝物インドール減少がマイクロRNA・miR-181を増やして肥満を助長
 ・ タイトルも本文に倣って「インドール→インドール減少に訂正しました。
Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。
コメント一覧

[記事]Merck社 大規模従業員削減、売り上げ予想の修正、つくば研究所の閉鎖を含む研究組織再編を発表」へのコメント

  • このページの後半に、上記トピックの本文を掲載しています。
  • 投稿者名をクリックすると、その方が今までに投稿されたコメントを一覧表示します。

新しくコメントする

「さびしいというよりは?」

コメントする

さびしいというより、国の将来の一つの存立基盤が崩れていく可能性が有ります。

日本を支えていく輸出産業として現在は機械・自動車がありますが、いずれこれらは中国・インドに肩代りされます。

将来は医薬産業を主体としたバイオ産業を育成してこれに代わる産業としていきたいと政府の高級官僚(経産省・文科省・厚労省・農水省)は考えていると思います。故にあれだけの研究投資がこの領域に為されているわけです。

外資の研究機関が撤退していくという事は、日本のサイエンス&研究の環境に魅力を感じていないという事です。外資は中国への研究投資はむしろ増やしております。

各方面からの研究投資が為されなければ、時間が掛るバイオ産業を育成することは難しくなります。

如何にして世界から投資を呼び込む政策を練るかが、政治の大きな課題ではないでしょうか?又大学研究機関の研究のイノベーションと効率性を実現するための大胆な再構築も必須です。我々は、この間の外資の大きな判断を重く捉えるべきです。

コメントする

「研究者の心意気では」

コメントする

 研究拠点の整理・統合は経営戦略上やむを得ない。内資系の製薬会社でも今後海外に拠点を移すこともあり得る。国内研究所の研究者はその時統合された海外の研究所へ乗り込むという気構えが必要だろう。

 真の研究者はどこにいても仕事が出来る。現に、米国の研究所へ出向した研究者で、研究環境の良さから、日本へ帰りたくないと言う事例も少なからず見聞きしている。

【清宮のコメント】個人の心構えとしてSanctusさんがおっしゃるようなどこでもやれるという心構えは大変重要だと思います。研究者に限らずどの職種でもそのような意識は必要だと思います。

ただ、国全体としてみた場合には研究所がどんどん撤退してしまうというのはさびしいです。外国の研究者や企業にとって日本で働くまたは研究所を設立するというのが一つの魅力的な選択肢であって欲しいと思います。ますますそういう国にするにはどうしたら良いんでしょうか?

コメントする

「どういたしまして」

コメントする

万有製薬からプレスリリースが出ております。

万有は国内証券市場に上場していないことから、メルクがつくば研究所を撤退し、実質、万有製薬が解散することはあまり世間に広まっていないような印象です。

マスコミ報道も一般紙はなく、日経新聞ぐらいじゃないでしょうか?

前々から治験の空洞化は問題となっていましたが、研究に関しては日本は国を挙げて(予算を投入して)取り組んできた歴史もあるだけに、国は、海外大手製薬企業が日本の研究拠点をどのように考えているのかをヒアリングし、早急に対策をとるべきだと思います。

コメントする

「万有の研究所の閉鎖」

コメントする

それなりの市場はあっても成長しない現実と日本の基礎研究能力を評価したうえでの判断でしょう。製薬業界にとっては実にゆゆしい事態です。世界の流れから取り残される可能性があります。投資を呼び込む施策の必要性を感じます。でも成功事例を作ることしか解決策はないのでしょうか?

コメントする

「つくば研究所の閉鎖に関する記述を追加」

コメントする

syabarangeさんコメントありがとうございます。つくば研究所の閉鎖に関する記述を追加しました。

コメントを頂くまでつくば研究所の閉鎖は存じませんでした。

ほんとに空洞化ですね。もし外資を誘致あるいは留まらせるには何か特色を打ち出さないといけないように思います。

コメントする

「外資」

コメントする

バイエル、ファイザーに続き、メルクまでもが日本撤退ですか・・・中国や東南アジア、インドに研究所を移す流れでしょうか?
日本は研究所の空洞化がおきそうですね・・・

コメントする

2008-10-23 - 【追記:つくば研究所の閉鎖に関する記述を追記しました。】

2008年10月22日、Merck(メルク)社は、3Qの業績発表、困難な経済環境と医薬品売り上げ低迷による長期売り上げ予想の修正、従業員12%の削減を発表しました。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク