先立つ治療経験があるHER2変異肺癌患者の約6割に第一三共のエンハーツが奏効
 ・ タイトルの間違いを訂正しました(HER2陰性→HER2変異)
死亡したCOVID-19患者の約5人に1人が1型IFNを中和する自己抗体を保有
 ・ タイプミスを訂正しました(非感染社→非感染者)
野菜や果物などの植物豊富な質の高い食事とCOVID-19を生じにくいことが関連
 ・ MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITALからの関連ニュースを追加しました。
BioTodayには現在2179件のFreeの記事が登録されています。
2179 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

末期患者は酷い痛みをやり過ごすのにしばしばモルヒネを使います。しかしモルヒネやその他のオピオイドを繰り返し使い続けると鎮痛効果が減弱するのみならず痛みが一層酷くなる逆効果に陥る恐れがあります。 4段落, 425文字

高塩分食(HSD)が腸微生物によるナチュラルキラー(NK)細胞の活性化を後押しして腫瘍増殖の抑制を導くことがマウス実験で示されました。 4段落, 224文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク