腸微生物代謝物インドール減少がマイクロRNA・miR-181を増やして肥満を助長
 ・ タイトルも本文に倣って「インドール→インドール減少に訂正しました。
Erytech アスパラギナーゼ封入赤血球薬の急性骨髄性白血病Ph2b試験失敗
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(アスパラギナー→アスパラギナーゼ)
プレガバリンと自殺行為やその他被害に陥りやすいことが関連
 ・ 関連ニュースを追加しました。

マラウィではクロロキンの抗マラリア効果が復活している

この記事にコメントする
全文記事サンプル [全文読める記事の一覧です]
この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧
2006-11-09 | 投稿者 : 清宮さん
本日のNEJM誌に、クロロキンの使用を中止したことにより、マラウィではクロロキンが再び効果を有するようになったことを示す試験結果が報告されています。
 
 ▽マラウィではクロロキンの抗マラリア効果が復活している
  http://www.biotoday.com/view.cfm?n=16170

初期の試験の結果から、クロロキン感受的なマラリアに比べてクロロキン耐性マラリアはより健康であることが示唆されていました。このことから、たとえクロロキンの使用をやめてもクロロキンの効果が復活すると考える人は殆どいませんでした。

しかし、クロロキンの使用を控えるようになったマラウィやアジアの一部では、クロロキン耐性に関与するPfCRT変異の消失または低下が認められました。

PfCRT遺伝子はマラリアのトランスポーターと推定されるタンパク質をコードしており、この遺伝子の変異はクロロキン耐性において中心的な役割を担っています。

そこで臨床試験でPfCRT遺伝子変異消失の臨床上の意義を検討したところ、変異の消失とクロロキン感受性の復活が関連することが確認されました。その結果が今回NEJM誌に発表されました。

ではクロロキンをマラウィで再度使用すべきかというと、それはするべきでないと著者等は言っています。なぜならマラウィはクロロキン抵抗性の国に囲まれており、クロロキンの使用を再開したらすぐにクロロキン抵抗性が発現してしまうと想定されるからです。

クロロキン不在下でクロロキン耐性マラリアが減っていることから、クロロキン耐性マラリアは生存において不利な点があると考えられ、この生存不利を克服する変異も起きていないようです。

したがって、クロロキンは“新薬”として再び使用できる可能性があります。ただし、新薬として復活するには、クロロキンは一旦マラリア治療の舞台から姿を消す必要があります。
BioTodayの無料メルマガ「BioTodayアラート」のご案内

NEJM、JAMA、BMJ、Lancetなどの主要な医学誌に掲載された重要な最新の医学的知見を簡潔にまとめて配信しています。 サンプルはこちらをご覧ください。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク